苦味を売りにするピーマンやゴーヤは実は未熟の青物!完熟したらどうなる!?

 先般、NHK「チコちゃん」でピーマンが戦後の物不足の中で大普及した話や完熟ピーマンの話を聞き驚いた。青いピーマンが常識と思い込んでいた。市場には出回らない完熟ピーマンです。なぜ、そんな美味しくて栄養価も高い完熟ピーマンが市場に出回ることがないのか?それは、赤くなるまでに日数がかかり、多く手間が掛かり、ハウス栽培などの費用も高くなる割に販売価格はそれほど高くならないので、赤い完熟ピーマンを出荷する農家は少ないのだそうです。
 しかし、 農家の方が大絶賛している完熟ピーマンを是非食べてみたいので、来年は家庭菜園でピーマンを育てて完熟ピーマンを味わってみたい。
 同様に未熟な青い実のままで食べるものがある。シシトウに、ゴーヤに、キュウリなどですが・・・完熟したものの味はどうなのか?興味が湧き、ゴーヤは栽培中なので、今まで黄色く変色したゴーヤは捨てていたが、完熟ゴーヤを食べて見ることにした。種の周りの赤い部分はほんのりと甘い。黄色の実は実に鮮やかでサラダで食べられる、苦味が少し残っているという感じです。完熟の度合いで甘みが変わるのかな!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック