ニンニクは優秀な食材!常用したいが臭いが!この方法で解決って本当!?

 精力のつく食材”ニンニク”は、何かと臭いで敬遠されがちだが、この臭いを消す方法はないのか?
洋の東西を問わず料理に活用されている。餃子には欠かせないニンニク。焼き肉もニンニクで下味をつけると一段と美味しくなる。栄養面や効能でも優秀です。ニンニク成分のアリインは、硫黄を含むアミノ酸の一種で、血液をサラサラにする効果や抗酸化力で活性酸素を抑制する他、疲労回復にも役立つと言われる。ニンニク成分のアリシンにはガンを抑制する強力な抗酸化作用があると言われており、また、風邪や気管支炎の要因となる連鎖球菌やブドウ球菌を殺す殺菌力と抗菌力など、病気への抵抗力を高める作用がある。ニンニク成分のメチルアリルトリスルフィドは、血液がサラサラになると言われ、血管が詰まりにくくなり、心筋梗塞や、脳梗塞の予防に期待できる。さらに精力を向上させる働きも期待できる優れものです。
 問題はあの臭いです。食べた翌日でも臭う!しかも非常にイヤなニオイ!私は仕事で韓国に行った時、プサン空港から入ったが、ロビーに入った時のあの強烈なニオイに驚いた!噂には聞いていたが、想像をはるかに超える強烈なニオイでした。早くニンニクを食べなければと考え実行した。不思議です。お互い様のニオイは全く臭わない。韓国では問題ないが、日本ではそうはいかない!
 ニンニクの臭いの発生源は?アリインがアリイナーゼという酵素に反応し、アリシンになることにより臭いを発生させる。この真犯人のアリナイーゼという酵素は熱に弱いので、ニンニクを加工する前に皮付きのままで電子レンジで加熱すると良い。私もチャレンジしてみた。600W*2分で1片皮付きのまま加熱。私は、ジューサーにそのまま加えてトマト特性ジュースにして飲んだ。全くニオイはしない。成功です。なお、臭いが100%解消するのでなく、香り成分「アリシン」は体内にあるので、要注意です。牛乳やポリフェノール(りんごの皮、パセリなど)は臭い消しの効果があるので、一緒に摂ると良いとのことです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック