赤ちゃんメダカの飼育も難しい!飼育環境の大事さを知り見直し中!

 今年はメダカの子供がたくさん産まれて喜んでいたが、残念なことに飼育環境が悪いと思われ、猛反省している。9月から産まれた赤ちゃんメダカが、一時期、最高14匹いたが、今では4匹です。エサは切らさないようにしていたし、毎週水替えもしてきたが・・・少しづつ減っていった。小さな水槽なので、エサの食べ残しで水質悪化させてはいけないと思い、タニシ似の貝を入れたのもマズかった!この貝の糞が大量でスゴイ!メダカのエサを食べている証拠!逆に糞で水質悪化!?卵を水槽の壁に産み付けるし、これはキケンと数を減らし、1匹だけにしても、結果は同じだった。親メダカの水槽にはたくさんのタニシ似がいるが、これも良くないのかな!?調べると一般的にスネール(スネイル)と呼ばれる巻貝のようで、モノアラガイと思われる。タニシとばかり思い込んでいた自分が恥ずかしい!そうと判って、赤ちゃん水槽はモノアラガイを一掃した。また、エサも自然界の植物プランクトンを期待して水草を入れた。これで様子を見たい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック