かかと落としジョグとは?座ってばかりいると骨折のキケンが!?

 ランニングの効果は、何と言っても「骨の強化」である。骨は常に骨芽細胞(骨を作る細胞)による「骨形成」と、破骨細胞(骨を壊す細胞)による「骨吸収」を繰り返している。このバランスが崩れて、骨破壊だけが進行すると、骨粗しょう症となり、骨折のキケンが!どういう状態が骨破壊になる!?どうすれば骨形成できる!?
 答えは、骨に衝撃を与える!ことが骨芽細胞を刺激して骨形成へとなる。座ってばかりいると骨は破壊が進行するばかりで非常に危険です。自転車に乗ているのは座っているのと同じです。
 ランニングが骨に衝撃を与えることで、骨も発達させる。そして、丈夫な骨は若さを保つ秘訣の「記憶力」「免疫力」「筋力」「精力」を向上させる。ランニングは足に全体重の衝撃を受けるので非常に良い骨への衝撃効果である。毎日骨に衝撃を与えることで骨密度が増して、20代ピーク時の状態にまで回復させることが出来る。
 骨に衝撃を与える簡単な方法が、その場で出来る”かかと落とし”です。歩く、走る、ジャンプするとより大きな衝撃を与えることが出来る。体力に応じたレベルで行うと良い。私は、朝ランにかかと落としジョグを取り入れている。ランニングの効果は他にも多々あるが、骨衝撃を意識したかかと落としジョグは非常に有効である。
 もっとも、骨を形成する材料もしっかりと補給することも重要です。牛乳などカルシウムの多い食品。大豆イソフラボンを含む大豆商品、納豆、豆腐(木綿豆腐の方が良い)も積極的に摂りたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック