プランター栽培も北風吹き曝しは厳しいのか?ヒヨドリも食べに来るし!

 2階のベランダの家庭菜園は、大根が収穫を終えて、残っているのがブロッコリー。そのプランター栽培のブロッコリーは、北風の吹き曝しで環境的に厳しいのか成長が遅い。その上に、ヒヨドリにブロッコリーの葉が食い荒らされる被害も発生。ブロッコリーの新芽を好んで食べている。防鳥網で保護する方法しかないのかな!?手間がかかるようでは、来年はどうするか?一方、庭先の陽当たりの良くて北風を受けない場所のプランターでは、ブロッコリー栽培は良好である。大きな花芽がついて収穫出来た。大根も庭先直植えでは、陽ざしは弱いが北風を受けなく、真直ぐキレイに育っている。2階のベランダでは、横に太るズッグリ大根となった。北風を受けて上には伸びられないのか!?
 野菜も環境に応じた育ち方をするということか!?イチゴも同様である。葉が褐色に変色しているし、実が着いたが、赤く熟さない!冬場のイチゴは温室が要るのか?ベランダの北風を防ぐ手段も考えたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック