包丁式の儀式に思いを寄せて!?

  房総半島の車旅は2日目で、朝一で野島崎を周遊散歩し、ホテルをチェックアウトして、館山観光に向かう前に少し遠回りだが、千倉の庖丁式(ほうちょうしき)で有名な高家神社(たかべじんじゃ)に向けて車で移動。庖丁式とは、平安時代より伝わる、庖丁師により執り行われる儀式。烏帽子・直垂、あるいは狩衣を身にまとい、大まな板の前に座り、食材に直接手を触れず、右手に庖丁、左手にまな箸を持ち切り分け並べる。現地にあった看板を見ると判ります!?
IMGP0699.JPG

この記事へのコメント