エンドウ豆のもやし栽培にチャレンジ中です

 水耕栽培の取り込みを拡大中だが、種を発芽させたら日に当て緑化させて二葉の状態で収穫するスプラウト栽培で可能かどうか?の見極めを行っている。代表的なスプラウト栽培は、大根(カイワレ大根)、そしてブロッコリー。特に大根は短期間で手間いらずで収穫出来る。私はモズク酢にカイワレ大根を入れて毎日食べている。カイワレ大根は種まきから5日で収穫できる。豆苗、ネギとスプラウト栽培をトライしたが、失敗。スプラウト栽培出来るのは、二葉を形成する野菜である。豆苗の作り方は、先ずは「もやし栽培」が基本であると分かり、エンドウ豆のもやし栽培をチャレンジ中です。もやしは大豆が一般的だが、エンドウ豆ではどうなるのか?もやし栽培は、発芽を開始させるための水浸し(5~8時間)の後は、水無しで暗室に置いておく(水浸しのままだと腐る)。3回/日の水洗い、水切りでまた暗室に置く。写真は10日目の状態です。収穫出来るまでにもやしが伸びている。豆から「もやし=茎と先端の葉の部分」と根が伸びている。
IMGP1130.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント