猫背の本当の原因は、背中の奥の筋膜の癒着にある!?

 スポーツ選手は、運動開始前に必ず行うのが”筋膜はがし(=筋膜リリース)”です。筋肉のウオーミングアップです。筋肉は、筋膜という薄い組織膜に包み込まれている。筋膜に包まれた筋肉は、さらにグループごとに筋膜に包まれている。筋膜は体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であるといわれている。この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴がある。この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になる。筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分です。水分の枯渇やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着してしまい、筋肉自体の動きを阻害してしまい、肩凝りや猫背の原因となる。常にこの筋膜を柔軟に保つには、同じ姿勢を長時間保たないで、適度に体を動かすことに尽きる。先般、ある名医がゴッドハンドで猫背を解消させるというテレビ番組を見て、その原因がファシア(=筋膜)の癒着にあると知り、姿勢を正す!同じ姿勢を長時間しない!運動をする!ということを再認識した。ファシア=筋膜のことです。
ファシアとは?:猫背対策で僧帽筋・菱形筋のファシアをほぐす.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント