ノコギリクワガタの飼育がこんなに難しいものとは!?

 ノコギリクワガタの飼育は今年初めて行っている。カブトムシと同様の飼育マットで飼い始めたが、ネットでノコギリクワガタ飼育を調べたら、これではマズい!と分かり、過湿気味の飼育環境が要ると分かった。ノコギリクワガタは、過湿環境でないと卵を産まないので、超過湿のマット室で産卵を考慮した深い飼育室を準備。幼虫で1年過ごし、成虫になっても1年間はマットの中で動かずに過ごし、翌夏に出てくるというから、飼育室管理が大事。この超過湿飼育マット室に変えてから、メスは潜ったままなのか?見たことがないが、オスは夕方から夜にエサの所にいるのを見ることが出来る。
IMGP1584.JPG
追記(10月9日)」メスが9月22日に死に、オスが10月6日に死んだ。その後に飼育室を点検したが、産卵や幼虫の存在が確認できなかった。やれることは尽くしたのだが、原因は不明。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント