小松菜をスポンジ上で発芽させる。そして・・・

 水耕栽培は、今までいろいろ試してきたが、成功しているのは、本格的な栽培キット(ユーイング)を採用しているレタス栽培だけである。最近トライしたスポンジ栽培では、大葉、ネギに、小松菜いずれも発芽しても大きくならない。毎日の水替え、液肥(500倍)の追加、LED照射するも変化なく断念した。水耕栽培の事例を調べると「液肥」だけでなく「酸素」供給も必要と判断した。本格キットでは、最初から液肥(500倍)を使うし、定期的に空気を吹き込むようになっている。簡易的な水耕栽培で、酸素供給をどうするか?多孔質の”ハイドロコーン”を使うことで可能なようなのでトライしてみたい。そこで、小松菜でトライです。先ずは、本格水耕栽培と同じようにスポンジ上で発芽させることから開始です。3色のスポンジは、スポンジ栽培で使用したスポンジの固い部分を切り落として、柔らかい部分だけを使用している。水を吸わせたスポンジに種を乗せ、その上にティッシュペーパー1枚を乗せ乾燥防止です。簡易栽培キットへの移植は次のステップです。 
 IMGP1630.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント