冬場で大葉の水耕栽培にチャレンジ中です。

 大葉を年中育てたい!と言う思いで、家の中で水耕栽培出来ないか!?アレコレとトライしている。先に失敗と思って諦めていた種が発芽して大きく成長していたことで、家の中で水耕栽培できると確信した。大葉は好光性種子(こうこうせいしゅし)なので、発芽させるためには光に当てる必要がある。そこで、吸湿性の良いパーミキュライトの上に種を蒔く。また植え替えを避けるためにカップの底には、多孔質のハイドロコーンを敷いてその上にパーミキュライトです。水受けのパック(100円ショップ)に、発芽までは水で、成長し出したら5%液肥に切り替えです。冬場は気温が低いので発芽せるために暖かいエアコンの下に置いた。12月3日に開始して12月16日に2個発芽して、2ヶ月以上経ってようやく2個が育ったという感じで、冬場は成長が遅い。残り2個は発芽はしたが、成長が止まっている感じ。大葉は、発芽にしても成長にしても、気温が重要だと解った。
大葉:水耕栽培.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント