絹さやエンドウの種を水耕栽培で発芽させ豆苗を作るというものです。

 豆類の種は、有効期限が1年内なのでその年に使い切ることにした。残りを来年度も使うのは発芽率が大幅に低下して失敗を招きやすい!グリーンピースとソラマメの種の発芽で苦労続きで反省中。豆苗作りは過去に水浸しの発芽で育てたことがあるが、豆からの栄養補給が途絶えると成長が鈍化する。従って収穫後の再生栽培では成長が悪いので肥料を与える必要があると判断して、ハイドロコーンを敷いた水耕栽培で液肥を与えている。写真は既に先端を収穫した豆苗です。
豆苗.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント