大根おろしは、ダイエットの万能薬♪ 抗酸化作用を引き出す方法はコレです!

大根の辛味成分はイソチオシアネートという抗酸化作用を持つ成分です。イソチオシアネートを摂取することで、活性酸素を除去し、代謝を高めて脂肪がつきにくい体質を作ることができます。また、イソチオシアネートはダイエットだけでなく、ガン予防や老化防止などにも効果があります。
 大根おろしは葉に近いほど甘く、先端のほうが辛みが強いですよね!辛み成分であるイソチオシアネートは、大根の根の先端に多く含まれ、約10倍にもなる。また若い大根には多く、成長するにしたがって減少する。そのため辛い大根おろしには夏大根がより適している。
 この辛み成分のイソチオシアネートは、そのまま大根に含まれているわけではなく、すりおろしたり切ったりして細胞が壊れることで生成される成分です。そのため、大根おろしにした方がイソチオシアネートは多く生成されます。大根おろしの水分を切って使う人も多いと思いますが、この水分にイソチオシアネートなど栄養成分が多く含まれているので、捨てはダメです!この栄養成分の汁も摂取することが大切です。イソチオシアネートは揮発性のため、おろしてからしばらくおいておくと(約15分で)辛みが減少する。おろしてから5分程度経過したら、辛みがピークに達しその後減少して、15分後には辛みなしの効果なしです。 また、皮付きでおろすと更に辛みが増す。大根おろしの辛みを得るためには、細胞を効率良く壊すことが必要である。そのためには大根の切断面を繊維を断ち切るようにおろすとよい。おろし金に対して直角に円を描くように押し付けながら回すと良い。『怒りながら大根をおろすと辛くなる』という昔ながらの伝承は、道理にかなっているといえる。

 また、大根にはビタミンCやビタミンA、ジアスターゼやアミラーゼなどの酵素が多く含まれています。 熱に弱いビタミンCや酵素は、加熱すると壊れてしまうので、生で食べることでこれらの成分の効果も十分に得られます。



"大根おろしは、ダイエットの万能薬♪ 抗酸化作用を引き出す方法はコレです!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント