激痛の走る尿路結石の生々しい体験談に通じる現在の「ぼうこう肥大」作戦の尿意ガマン物語です。

 激痛の走る尿路結石の生々しい体験談に通じる現在の「ぼうこう肥大」作戦の尿意ガマン物語です。
 尿路結石は、この世で最も痛い3大激痛(「群発頭痛」「心筋梗塞」「尿路結石」)の一つと言われる程、大変な激痛が発生する。私は、会社に入ってまだ若かりし頃 20代で尿路結石を経験した。
 その時の処置が今取り組んでいる「ぼうこう肥大」作戦とよく似ているし、また水分補給の大事さも尿路結石を防止する重要な手段であると痛感する。毎日しっかりと水分補給して、腎臓内の不純物を排出させることの大事さです。結石は誰でも腎臓内で出来るものです。大きく成長してからの排出は尿路に詰まる=尿路結石です。石を作らせない対策も大事だが、出来たとしても直ちに排出させることです。この両面から、日々健康管理を意識している。
 「ぼうこう肥大」作戦では、水分補給1リットルをチビチビ飲みながら家の中でランニングです。尿意を催してもガマンです。ぼうこうのふうせん玉機能を正常に保つには、激しい尿意もガマンです!家の中でしか出来ない。水分補給も毎日3リットル以上を目標に取り組んでいる。通常3.5リットルぐらい摂っている。ランニングで体(ぼうこう)が揺れるので、尿意も早く出やすい。繰り返し起こる強い尿意をガマン!尿路結石で入院していた時の縄跳び尿意ガマンと同じです。
 この「ぼうこう肥大」作戦の狙いは、年を取って寝ている時の目覚め・小便を減らすための努力です。年を取ると夜中の小便起きが頻繁になり易い。ぼうこうの尿収納能力が低下していると小便も近くなるというものです。

"激痛の走る尿路結石の生々しい体験談に通じる現在の「ぼうこう肥大」作戦の尿意ガマン物語です。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント