相模川土手の馬入ふれあい公園を彩る一風変わった花とは?

 相模川土手のランニングで見かける光景です。富士山の雄大な光景を見ながらさらに南下です。馬入ふれあい公園にあるお花畑は、パンジーの花が咲いているだけで他の花は見られない。と思いきや、何やら色とりどりの風車が風に吹かれてグルグル回っている。スゴイ数です。200~300個ぐらいある。遠目にはペットボトルで作ったような感じです。実際に近づいて見てみるとユニークな形状に彩り豊かな創作物がズラリ。強風に軽やかに回るものから、バタバタ揺れる物、竹の棒の先から飛ばされ落ちている物、これらは小学生の作品かな!?創造性を育む作品作りに感心した。
IMGP1264.JPG

"相模川土手の馬入ふれあい公園を彩る一風変わった花とは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント