クチナシの白い花が咲き香る。

 クチナシの白い花が綺麗に咲いている。ミカンとキンカンの木の間に植えており狭い場所で大きく成れないが長年育っている。クチナシにはいろいろ情報がある。ジンチョウゲ、キンモクセイと並んで「三大芳香花」「三大芳香樹」「三大香木」の一つに数えられる植物で、渡哲也のヒット曲『くちなしの花』で、その香りが歌われている。多くの人が親しみを感じている植物であり、日本の多くの「市の花」に選ばれている。埼玉県八潮市、静岡県湖西市、愛知県大府市、奈良県橿原市、沖縄県南城市などで「市の花」としている。
足つき将棋盤や碁盤の足の造形は、クチナシの稜のある果実を象っている。「打ち手は無言、第三者は勝負に口出し無用」、すなわち「口無し」という意味がこめられている。

くちなし.jpg

"クチナシの白い花が咲き香る。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント