テーマ:八ヶ岳

三分一湧水とは?何?現物を見て納得です。

 今回の紅葉を求めての旅は、昇仙峡の仙娥滝(せんがりゅう)に始まり、川俣川渓谷の吐竜(どりゅう)の滝と言い、そして今回の三分一湧水(さんぶいちゆうすい)と、紅葉と水は密接な関係があった。八ヶ岳の湧水を農業に利用する農民の水争いを無くすために、公平な分配を行った施設「三分一湧水」を見て、なるほどと納得です。豊富な水量を誇る「三分一湧水」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渓谷のトレッキングで見上げたら、鉄橋がある!スゴイ景観です!

 清里の清泉寮から車で5分の吐竜の滝入り口。駐車場に車を止めて歩くこと5分で吐竜の滝に着く。途中の紅葉の綺麗な景色を楽しんでいると、なんと鉄橋が!その下を通っていく渓谷トレッキングです。小海線が通っている。途中で列車が通るのを見かけるも写真に間に合わず。下から見上げる鉄橋の景観も素敵です。この辺りに紅葉する木がもっとあるとサイコ~なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳で渓谷トレッキング!紅葉を楽しみながら目指すは吐竜の滝!

 川俣川渓谷の紅葉も綺麗でした。紅葉と吐竜の滝を見るために、車で県道28号線の分岐から下っていく。清泉寮からは車で5分。歩いたら大変です。観光バスはいけない狭い道路!マイカーだけです。名前が吐竜の滝でどんな滝なのか?駐車場に車を止めて歩くこと5分で着く。途中の紅葉の綺麗な景色を楽しんでいると、なんと鉄橋が!小海線の鉄道です。その下を通っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の登山道から眺める赤岳の姿に、反対側は遠くに富士山も見える。

 八ヶ岳の最高峰である赤岳(2899m:日本百名山)への山梨側の清里からの登山道に、「真教寺尾根」と「県界尾根」がある。2010年に赤岳登山した時は、真教寺尾根から登り、帰りを県界尾根で下った思い出の場所です。今回の清里旅で、県界尾根の登山口まで車を走らせた。その道路から眺める赤岳の光景も素敵です。両側はカラマツです。 そして、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳は中央道の途中の八ヶ岳PAでじっくりと見ることが出来ます。美味しいソフトクリームを食べながら♪

 長野行きの中央道で、途中の八ヶ岳PAで休憩した時に、八ヶ岳を目の前に見ながら、八ヶ岳山麓の牛乳で作ったソフトクリームを頂きました。八ヶ岳は、八ヶ岳PAから、中央道を挟んで目の前にあります。 また、反対側のPAの裏側では、南アルプスを見ることが出来ます。  その時の八ヶ岳の光景です。 あいにく雲が多い天気でしたが、八ヶ岳にはかかってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが美ヶ原高原です! 2000mの爽やかな高原で未だ積雪の山々の最高の眺望を堪能できました!

 松本市から車で1時間のところに、美ヶ原があります。2000mの高原です。松本城を見学して昼食後に、好天の中、行って来ました。 ビーナスラインを経て、美ヶ原高原の駐車場へ。松本市内で23℃でしたが、高原では△10℃の13℃でした。 空気は澄んでいて、素晴らしい眺めを堪能しました。 目前に、積雪の残る八ヶ岳連峰、富士山、南アルプス、北アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の標高2100mの麦草峠には、天然の清水をたたえた神秘的な白駒池(しらこまいけ)があります♪

『白駒池(しらこまいけ)』は、天然の清水をたたえた神秘的な湖です。  北八ヶ岳の広大な原生林の中に、満面に清水をたたえた神秘的な湖。標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖で、国道299号線(通称メルヘン街道)沿いの駐車場からも歩いて約15分程度で白駒池まで行けます。  私は、2009年10月3日に、麦草峠(むぎくさとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄岳(八ヶ岳)もコマクサ自生地とあるが、環境保護下で再生復帰中というところですね♪

2,009年8月9日に、八ヶ岳・硫黄岳(いおうだけ;2,760m)に登った時のことです。  稲子湯の登山口からしらびそ小屋、ミドリ池を通り、本沢温泉、夏沢峠を通り、硫黄岳に上り、帰りは、根岸岳に上り、天狗岳の上り、そして中山峠から稲子湯に下りる登山ルートです。初めての八ヶ岳登山でしたが、大胆にも大変なコースを日帰りでこなしました♪…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ八ヶ岳制覇の瞬間! 険しい岩場も手足四つん這いでクリアできます!

2010年9月18日 清里の美し森にあるたかね荘無料駐車場(1,550m)に車を止めて、早朝6時に出発。真教寺尾根から八ヶ岳の赤岳(あかだけ;2,899m)を目指します。美し森からの眺望は素晴らしい♪ ユリの花も咲き誇る♪ 標高差1,349m、沿面距離25.2km 標準時間『登り6:10、下り4:00』のところを 私は、『登り3:40、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の最高峰「赤岳」への道は、真教寺尾根も8合目から険しい岩場の連続! しっかりと安全に!

2010年9月18日 清里の美し森にあるたかね荘無料駐車場(1,550m)に車を止めて、早朝6時に出発。真教寺尾根から八ヶ岳の赤岳(あかだけ;2,899m)を目指します。美し森からの眺望は素晴らしい♪ ユリの花も咲き誇る♪ 標高差1,349m、沿面距離25.2km 標準時間『登り6:10、下り4:00』のところを 私は、『登り3:40、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳への道は、カラマツ林にクマザサが生い茂る緑豊かな自然の中を通ります♪

2010年9月18日 清里の美し森にあるたかね荘無料駐車場(1,550m)に車を止めて、早朝6時に出発。真教寺尾根から八ヶ岳の赤岳(あかだけ;2,899m)を目指します。美し森からの眺望は素晴らしい♪ ユリの花も咲き誇る♪ 標高差1,349m、沿面距離25.2km 標準時間『登り6:10、下り4:00』のところを 私は、『登り3:40、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ユリの花 一斉に咲いた白い花の片側だけの階段♪ 作者の意図的な芸術狙いかな??

2010年9月18日 清里の美し森にあるたかね荘無料駐車場(1,550m)に車を止めて、早朝6時に出発。真教寺尾根から八ヶ岳の赤岳(あかだけ;2,899m)を目指します。美し森からの眺望は素晴らしい♪ 標高差1,349m、沿面距離25.2km 標準時間『登り6:10、下り4:00』のところを 私は、『登り3:40、下り2:35』 の24…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスの山塊も上空から見ると、北岳・甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳の位置関係が良く分かります♪

2012年8月3日・4日の1泊2日の荒島岳・白山登山の小松行き飛行機からの眺めは、富士山、南アルプス、八ヶ岳、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、白山と立て続けに見られて非常に良かった♪  今回は、南アルプスと八ヶ岳を紹介します♪ 正面の山塊が南アルプスで、一際高い北岳(きただけ;3,193m)、甲斐駒ケ岳(かいこまがたけ;2,967m)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の縦走路の稜線がきれいに見えます♪ 中央の赤岳を筆頭にすっかり夏の装いですね♪

2012年8月3日・4日の荒島岳・白山登山で、羽田7時50分発の小松8時50分着の飛行機からの眺めが実に良く、シャッターチャンスの連発でした。富士山のパノラマ眺望の次は、南アルプスに八ヶ岳です。八ヶ岳の上空を通過したので、八ヶ岳の縦走尾根も明瞭に捉えることが出来ました♪ 中央の高い所が赤岳(あかだけ;2,899m)で左側に赤岳の登山道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳(赤岳)の美し森真教寺尾根から県界尾根周回ルートを案内します♪

2010年9月18日 清里の美し森にあるたかね荘無料駐車場(1,550m)に車を止めて、早朝6時に出発。真教寺尾根から赤岳(あかだけ;2,899m)を目指します。美し森からの眺望は素晴らしい♪ 標高差1,349m、沿面距離25.2km 標準時間登り6:10、下り4:00のところを 私は、登り3:40、下り2:35 の24,747歩でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一高所の野天風呂”八ヶ岳 日本の秘湯 本沢温泉”は、硫黄岳の麓にあります♪

硫黄岳(2,760m)に登る途中に発見!稲子湯のゲートに車を止めて、ミドリ池、夏山峠へと向かう途中に、本沢温泉の野天風呂を発見!なんと登山道から下を見下ろすと野天風呂が見えました♪男女混浴のようですが、水着姿でしたので、上から声を掛け、手を振りあいました(笑) 硫黄岳の麓のいたるところで湯気が吹き出ていました!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山に蹴飛ばされた八ヶ岳!その面影を辿り、信憑性はいか程か?検証してみました♪

八ヶ岳には、「富士山と背比べをして勝利、しかし富士山に蹴り飛ばされて八つの峰になった」という神話がある。確かに広大な裾野は、富士山の裾野に負けず、劣らずです。2009年8月9日に硫黄岳(2,760m)に登り、山頂の様子を確かめました。硫黄岳の山頂も広く、横岳 (2,829m)、赤岳 (2,899m:最高峰) 、阿弥陀岳 (2,805m)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more