テーマ:股関節

ランニングシューズの右足外側だけが異常摩耗!解決策はどうする!?

 ランニングシューズの底の減り具合で、左右の足の動きを推測できる。以前から右足だけが異常摩耗を起こしており、右足が内向する傾向があり依然として直っていない。単なる意識的な取り組みでは解消出来ない!と判っているが、解決策を見い出せていない!右足の親指と人差し指の先端側のマメは、シューズ内での前後ズレが原因で、シューズ紐のヒールロック方式で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰部筋肉の疲労具合が把握しにくい!?突然の腰痛発症を防ぐためには?

 筋トレを行うと、筋肉疲労を起こす。筋肉痛を伴うケースから痛みまではいかないが運動すると体が重いと感じるレベルまで様々である。過去の腰痛を起こした失敗のほとんどが、筋トレで腰部周りの筋肉が疲労しているにもかかわらず、腰にさらに負担が掛かる無理な運動をしたケースである。腰部筋肉の疲労具合が把握しにくい。腰痛を発する限界状態が自覚症状も無く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節周りの筋肉を柔らかく保つのがカギ!骨盤を立てる姿勢造りのカギ!

 腰痛対策の基本は、正しい立位に骨盤を立てた座り方にある。腰に負担を掛けない姿勢を保つことである。イスの座り方も長時間のパソコン作業でも、姿勢が乱れることの無いようにしたい。背中の筋肉に腹筋の筋肉など体幹を支える筋肉の筋力が重要である。それから、床の上に座る時はあぐらをかくが、これが背中を丸めた姿勢となってキケン!股関節や開脚の固さが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体の柔軟性を保つコツは、風呂の中と風呂上がりに行うストレッチ!腰痛も出ない!

 可動域を広げるためのストレッチは、毎日楽しく続けている。風呂の中で行うものと風呂上がりに行うものと工夫している。ややもすると固くなりがちな股関節周りの筋肉、足裏のハム系は特に念入りに行っている。お陰で柔軟性を常に保てている。庭作業でしゃがんだり、中腰になったりする姿勢でも問題なかった。  ストレッチで無理をすると逆に筋肉を傷めること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまでも足腰が達者でいたい!第12胸椎を鍛えることが重要です!こんな簡単な運動です。

 健康寿命を伸ばすことに欠かせないのが、足腰が達者なこと。運動(歩き・走り)するのも、足腰の達者が基本。  体を動かすにも、足腰に支障があると億劫になる。動かさなくなると、足腰の筋肉が弱り、増々悪循環となり、健康を維持できなくなる。 毎日、散歩している人は問題ないが、家でジッとしている。パソコン・テレビなど座っている時間が長い。・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節の柔軟性は、スポーツ界では非常に重要だと聴きます! 腰痛対策にもパーフェクトな効果が!!

  『相撲取りに腰痛はいない!』 本当か!? ウソか!? と問われてよくよく考えると『腰痛で休場する』とか聞いたことが無い! なぜかというと、入門時の股割りマスターが相撲稽古を行える条件とか聞きます。相撲の足腰の怪我防止の重要性、それは股関節の柔軟性が秘訣なのです。 スイーツ親方で有名な芝田山親方(大乃国)の講演を聞いた時の印象深い話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節周りの柔軟性を保つためのストレッチです♪ 3ヶ月目安で上半身ペッタンコを目指します♪

私の行っているストレッチの内容 : 風呂上りの体が温まっている状態で。 冬は部屋の暖房を入れて! 大きく分けて、3つです。 Ⅰ 股関節周りの柔軟性   Ⅱ 腰回りの柔軟性  Ⅲ 肩甲骨回りの柔軟性  今回からは、ストレッチの具体的なメニューを紹介していきます。 <ストレッチとは?の理解を!> Ⅰ股関節周りの柔軟性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more