テーマ:腰痛対策

風呂ストレッチで腰痛対策運動をしっかり行っている。

 風呂場でのストレッチに力をいれるようになって、汗流しも約1kgしっかり。風呂上がりの睡眠準備も、足は絶対に冷やさないように、この冬場は風呂上り即靴下履き(3重)に加えて、羽毛入りの屋外専用靴下を履く。頭寒足熱で眠気を誘う。風呂ストレッチの疲れも出て、椅子でコックリコックリが出たら、布団に入りるというもの。睡眠もうつ伏せ寝スタートで10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親指や人差し指がひきつけを起こす筋肉痛を体験した!まるで筋トレと同じ効果!手先を酷使した結果か!?

 一昨日の庭作業で、腕や肩の筋肉痛です。 まるで筋肉トレーニングをした時のような筋肉痛の感覚です。 日頃筋トレで筋肉痛には慣れているので、違和感は感じない。 むしろ歓迎すべきもので、筋肉増強と成ることを期待して喜びたい。 朝から親指や人差し指がヒキツル現象が出るぐらいに手先や前腕に筋肉痛が残っていた。 前腕に、二の腕の筋肉痛がひどい。4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植木の植え替え作業も、前屈みのしゃがみ姿勢です。長時間の場合は適宜腰痛対策しっかり!

 植木やプランターの不要品の整理を行った。 作業はしゃがみ姿勢が多くて腰にくる! 腰痛を起こさないように前屈みには注意です。 時々、腰を伸ばして反り返る姿勢で筋肉硬直の防止です。 柔軟性はかなり向上しており、しゃがみ姿勢で、苦痛を感じることはない。 日頃の風呂中及び風呂上がりの柔軟体操の効果が出ている。 午後2時間、休憩してまた2時間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有酸素運動で楽しく体幹筋肉を鍛えましょう! 楽な歩きとは? 体幹歩きとは? 体幹ランとは?

 腰痛対策は、腰の内部筋肉の周りにある筋肉(腹筋・背筋などの体幹を保持する筋肉)を強化することが、かなり効果的です。 背筋の伸びた姿勢も、背筋側の筋肉を鍛えることで、楽に保持できるようになります。 とは言え、背筋だの腹筋だの個別的な筋トレは、かなり専門的な取り組みであって、 日常的な腰痛対策とは、ちょっと違うので、難しく考えずに、無意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を起こさない体造りの基本は、この姿勢です! 意識的に背筋を伸ばす姿勢を取ることです。

 腰痛対策の基本は、腰に負担を掛けない姿勢=正しい立位で立つこと! 座る時の姿勢も背中を丸めないこと=正しい立位を意識して、骨盤を立てることです。 特に座っている時の姿勢の保持・持続が難しいですね。  常に、骨盤を立てる姿勢が出来るようになれば、腰の内部筋肉に負担を掛けなくなり、腰痛問題も起こりません。 正座で背筋を伸ばせたら、サイコ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぎっくり腰を経験した人は解るあの痛みのツラさ! 2度と発症させたくない! 根本的な対策は?

 腰痛対策は、人間が2足歩行を始めてからの永遠的な課題である。 洋の東西を問わず、腰痛問題は、誰もが抱えているのです。 急激な腰の痛みを発する急性腰痛症! 俗にいう 「ぎっくり腰」 「魔女の一撃」 と言われ、発症したら、2週間は痛みに悩まされる。完治するのに1ヶ月。 非常に厄介な病気です。 発症する度に、2度と起こらないように、気を付け…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

腰痛対策の開眼は、骨盤の立った姿勢を常に意識して保つことです。毎日、風呂上りの柔軟運動です。

 腰痛対策の開眼です! 腰痛は、腰の内部筋肉の疲労・破壊に始まります。 このことが重要なポイントです。 例えば、あぐら姿で背中が丸まった姿勢で数時間たつと腰の内部筋肉がかなり疲労します。 腰の内部筋肉が疲労した状態で、無理な前かがみで腰に負担をかけると、『ぎっくり腰(=腰の内部筋肉の伸び・破壊)』の発生です! 筋肉の修復に2・3週間は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

体幹筋肉(腹筋、背筋)の強化は、内部・外部・前後左右の筋肉のバランスを重視したメニューで!

体幹筋肉(腹筋、背筋)は、内部・外部筋肉のバランス、腰の屈曲動作など拮抗する筋肉(内部筋肉も含めて)のバランスなどが重要です。腹筋単独や背筋単独の強化を行っているつもりが、内部筋肉にも負荷を掛ける結果 になりかねない! 腰の内部筋肉は気づかない内に過負荷筋肉疲労を起こし、ギックリ腰の引き金になりやすい!!! 筋トレ後の背筋や臀筋の筋肉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【ぎっくり腰】を経験された方は必見!!! 40から50代で発症しやすい【ぎっくり腰】の対策!

【ぎっくり腰】発症は、2足歩行の人間が抱えている問題です。日頃からのケアが欠かせません! ぎっくり腰で多い筋肉の状態は腰からお尻を通って太腿までの筋肉が 順にカチンコチンに固まってしまうケースが多い。コリの連鎖で、前屈がほとんど出来ない状態の人です。前屈みの姿勢で、ちょっとしたことで【ギクッと】なる【ぎっくり腰】の危険!コリのきっかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩凝り・腰痛の改善の基本は、正しい姿勢から! 自分の立ち姿からチェックしてみましょう!

人間の体は、2足歩行自体に多くの課題をかかえています。2足歩行を始めだした時から、腰痛との戦いが始まったと云われるぐらいです。骨格を保持する筋肉の役割も無理がかかると疲労(凝る:血流不良)して、痛みが出る。慢性的な肩凝りの方、腰痛持ちの方、根本的な日常の姿勢を改善しないと、肩凝り・腰痛は治りませんよ! 先ず、正しい立位の作り方(=座っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

車のバック運転 後ろを見ながら出来ますか? 腹斜筋が固まっているとツラい!腰痛の危険!

上半身を捻じる筋肉は、腹斜筋です。外部と内部の筋肉があります。この筋肉が固まっていると体を捻じる動作が出来なくて、バック運転もツラい!腹斜筋が固まった状態が続くと、チョッとした捻じりの動作や前かがみの動作で、ぎっくり腰となる危険があります!! 対策は、筋肉のストレッチです。風呂上りの温まった体の状態で、上半身を捻じるストレッチ【息をしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛対策は、やはり毎日の股関節・骨盤周りの筋肉の柔軟体操・ストレッチです♪

私も、腰痛(疲労性筋肉痛)の持ち主です(笑)つい、この間もミスを犯して猛反省中!! ミスとは、股関節・骨盤周りの筋肉の柔軟体操・ストレッチをサボり、パソコンに夢中(ブログ、ツイッターなど)になる時間が増え、座り姿勢(しかも背中丸まりの悪い姿勢)が続いたことです。背中、腰、尻、ハム系の筋肉は、1ヶ月サボると固まり、最も弱い部分の腰の疲労性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節&骨盤ストレッチに最適な道具「フレックスクッション」を紹介します♪

股関節や骨盤周りの筋肉は、内部筋肉(インナーマッスル;腸腰筋など)に外部筋肉(腹筋、背筋)と非常に複雑です。構造的にもバランスを取るのに、背筋は常に直立でも座っていてもS字カーブを保つ必要があります。背筋を伸ばしなさい!とか叱られた経験があると思います(笑) 股関節&骨盤周りの筋肉は、柔軟性も重要です!相撲取りは、入門して直ぐに「股関節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎっくり腰の悩みを打ち明けます(泣)

2005年(55歳)にぎっくり腰を初体験してから、毎年のように発症してかれこれ11回です。治るのに、軽い症状で8日、重症で1ヶ月かかります。2度となりたくない思いでいろいろ対策しますが・・・忘れた頃にヤッタ-(泣) 発症時の動作  ①前かがみの動作(顔洗い、前かがみで前に手を伸ばした時、立ち姿で前屈)  ②背筋トレーニング中に、勢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝の目覚めで全身伸ばす気持ち良い♪ところが”こむら返り”で悲鳴(泣) 対策教えます♪

目覚めの布団の中での全身の伸びは気持ち良い♪ 脚(ふくらはぎ)は第2の心臓です。そのふくらはぎがこむら返りの悲鳴・・・ヒキツリも中々おさまらない  こんな経験がありますね。なぜ、こむら返りは起こるのか?医学的にもきちんとした回答がありませんが、私の経験からの対策を教えます♪ 私は、今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more