テーマ:ぎっくり腰

50歳過ぎてからの筋トレ・ジョギング・ダイエットの危険とは!?

 「50歳過ぎてからの筋トレ・ジョギング・ダイエットが危険である理由」という記事の見出しに驚き、内容を見て納得です。私自身が47歳から始めた運動習慣ですが、何もキケンな事は無かった!この記事が言わんとすることは解った。つまりこうです。「筋力トレーニングもバランスよく行わないと、かえって筋肉を痛めたり、関節に過負荷がかかってしまい、致命的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を起こす筋肉の部位を特定することが出来るのか?腰の内部筋肉の複雑な構造と機能は?

 姿勢の悪さから筋筋膜性腰痛症(その中で、急性の発症=ぎっくり腰)を起こすことが判ったが、その因果関係を突き止めることは、腰部の筋肉の複雑さから非常に難解である。私の今回の症状は、イスから立ち上がる時に鈍痛を感じ、そして手を下に伸ばす時の少しの前屈で違和感を感じたのが、今回のぎっくり腰です。痛みは右側の腰部である。左右に痛みの出る腰の筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛の発生原因が見えてきた!イスの座り方に問題があった!?

 まだ痛みが治まらない腰痛ですが、原因らしきものが見えて来て、回復スピードもあがりそう!右腰の痛みがなかなか抜けずに、上半身の動きに支障がある状態が約2週間続いてきた。下半身側は当初 腸腰筋痛があったが3日程で解消し、その後全く問題ない。以前として腰の痛みは治らない!腰部筋肉が脊髄を支えている構造の中で、どこが痛みの震源なのか?アレコレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を起こす筋肉は何?どんな構造・役割なのか?大腰筋!?脊柱起立筋!?

 腰痛って?どんな筋肉が痛むのか?単純でダイレクトな質問だが、これが難問です。意味不明な問答!? 私のぎっくり腰の原因追及のために、腰の基礎的構造、役割など勉強中です。  病院で腰痛部をレントゲン検査しても異常なし!です。腰部の筋肉に痛みが出る症状の腰痛だから、筋肉はレントゲンに写らないからです。椎間板ヘルニアなど脊髄に異常が生じる腰…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

忘れた頃に発生するぎっくり腰!日頃の筋トレの疲労蓄積が原因!?筋トレの勉強の大事さを痛感した!

 6日ほど前に、ぎっくり腰系の腰痛が出て、ようやく治まってきた。今までも度々ぎっくり腰の腰痛を体験してきたが、今回は、ちょっと違うパターンであり、原因は何か?いろいろ調べてきた結果、どうも日頃の筋トレに問題があるようで、根本的な見直しを考えている。先ず第一に、筋トレの疲労が溜まったまま回復させることなく、繰り返し筋トレを実行したのが問題…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぎっくり腰の原因は?自分の利き足や弱点に原因の根っこが絡み合っている!?

 自分の体の特徴やクセを知って、それが弱点であれば改善していくという常に前向きの姿勢で臨みたい。難しく言っても仕方ないので、具体的な悩み(=弱点)と改善のアプローチについて話します。  先ず、今月23日に起こした「軽いぎっくり腰」の話です。今回は、3日で痛みは取れる程度の軽さで助かった。過去から繰り返し繰り返し起こしている問題だけに、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チョッと油断すると起こしやすいぎっくり腰!自分のタイプを知って行動する習慣作りです。

 腰痛対策の話もたくさんあるが、チョッと油断すると起こしやすい「ぎっくり腰」の話です。 腰痛と言っても、腰の内部の筋肉痛の話です。外部からマッサージ等出来ないので、治すのにも時間がかかり、鈍痛がいつまでも続く厄介な筋肉痛です。自然治癒するのに、ギックリの程度によって、軽くても1週間~2週間はかかる。  やってしまうと2度起こらないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の姿勢の悪さ加減が腰痛問題を蔓延させている!? あなたの姿勢は大丈夫かな?

 腰に負担を掛けない姿勢とは? 腰痛を予防する姿勢とは?  腰の内部筋肉が披露して起こるぎっくり腰! 腰の外部筋肉がキチンと使われていれば内部筋肉へは負担がかからないのだが・・・・ どうすれば良いのか?  人間の背筋は、本来S字カーブです。けつを後ろに出して胸を張る姿勢で、本来のS字カーブが保てる姿勢です。 正しい立位で確信して下さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を起こさない体造りの基本は、この姿勢です! 意識的に背筋を伸ばす姿勢を取ることです。

 腰痛対策の基本は、腰に負担を掛けない姿勢=正しい立位で立つこと! 座る時の姿勢も背中を丸めないこと=正しい立位を意識して、骨盤を立てることです。 特に座っている時の姿勢の保持・持続が難しいですね。  常に、骨盤を立てる姿勢が出来るようになれば、腰の内部筋肉に負担を掛けなくなり、腰痛問題も起こりません。 正座で背筋を伸ばせたら、サイコ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぎっくり腰を経験した人は解るあの痛みのツラさ! 2度と発症させたくない! 根本的な対策は?

 腰痛対策は、人間が2足歩行を始めてからの永遠的な課題である。 洋の東西を問わず、腰痛問題は、誰もが抱えているのです。 急激な腰の痛みを発する急性腰痛症! 俗にいう 「ぎっくり腰」 「魔女の一撃」 と言われ、発症したら、2週間は痛みに悩まされる。完治するのに1ヶ月。 非常に厄介な病気です。 発症する度に、2度と起こらないように、気を付け…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

腰痛対策の開眼は、骨盤の立った姿勢を常に意識して保つことです。毎日、風呂上りの柔軟運動です。

 腰痛対策の開眼です! 腰痛は、腰の内部筋肉の疲労・破壊に始まります。 このことが重要なポイントです。 例えば、あぐら姿で背中が丸まった姿勢で数時間たつと腰の内部筋肉がかなり疲労します。 腰の内部筋肉が疲労した状態で、無理な前かがみで腰に負担をかけると、『ぎっくり腰(=腰の内部筋肉の伸び・破壊)』の発生です! 筋肉の修復に2・3週間は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五十肩は、一度発症したら、治るのに1年かかります! どんなモノかを知ってならないようにしたいですね!

 五十肩の痛みも大変なことです! 手が肩が上げられなくなるのです。 上げると激痛です! 服を着るのも痛みです。服に手を通す作業で、肩に激痛です! 五十肩というから50歳以上の人がなるのかというとそうでもない。30代でも40代でも、発症の可能性はあります。年を取る程に可能性が高くなります。  五十肩とは、どんなものかを知って、発症さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎっくり腰の経験者は、解る痛さ!2度と発症させたくないのだが、忘れた頃に突然発症する危険が!!

 ぎっくり腰の痛さは、経験者でしか解りませんね! あのギクッと来る時の痛さは、たまりません!!! ぎっくり腰の経験の無い方も、いずれ年を重ねると、経験しますよ! 繰り返し発症させない対策をとれるようになるまで、私も長年かかりましたし、たくさんぎっくり腰をやりました。 2012年2月に発症してから猛反省! 原因を深く追及して以来、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぎっくり腰の悩みを打ち明けます(泣)

2005年(55歳)にぎっくり腰を初体験してから、毎年のように発症してかれこれ11回です。治るのに、軽い症状で8日、重症で1ヶ月かかります。2度となりたくない思いでいろいろ対策しますが・・・忘れた頃にヤッタ-(泣) 発症時の動作  ①前かがみの動作(顔洗い、前かがみで前に手を伸ばした時、立ち姿で前屈)  ②背筋トレーニング中に、勢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more