テーマ:快適睡眠

夜間頻尿の意外な事実とは?

 寝ている時に尿意で目覚めて小便に起きる。意外と小便の量も出る。1回ぐらいなら良いのだが、4回も5回も小便に起きるようでは、睡眠の障害になる!これが夜間頻尿と言われる症状です。年を取り運動量が少ないと起こり易い。夜間、小便に起きても量が少ない!というケースは、また別の症状であり、医者の診療が要ると思われる。私も一時期、小便の量が少ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適睡眠の重要なポイントに寝姿が!?

 最近の睡眠状況です。私にとってベストな睡眠環境を整えることが出来たと思っている。毎日の睡眠記録や朝の目覚めで満足度チェックを行い、睡眠の良し悪しを把握している。毎日がベストな睡眠では無いが、就寝時間8時間以上を確保して、そこそこの快適睡眠が取れている。人それぞれに応じた睡眠環境が求められるが、共通的に大事なことに『寝姿』がある。大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠に悩みを抱える現代人の多さ!?6時間睡眠は確保したい!

 睡眠に悩む人が多い!「30~40代、働く世代で顕著」というから驚きです!女性は9割が睡眠に悩み。男性でも8割が悩みというから、これは放置できない事態です。「睡眠時間を6時間確保できない傾向があり、仕事の効率も下がる」不十分な睡眠時間が続くことで、疾病リスクを招くおそれもある。私の現役の頃を思い出す。働く世代の通勤電車は、座っている人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シビレの出ない横向き寝に快適睡眠の秘訣があった!

 快適な睡眠のために、自分に合った寝具を選ぶことは非常に重要である。私は、寝具のアイテムの評価もいろいろ行ってきた。敷布団に、掛布団に、シーツに、枕、パジャマ、寝る時の靴下の有無などですが、夏場と冬場でどうする?仰向け寝に、横向き寝に、うつ伏せ寝に合う寝具の選び方はどうする?自分に最適な睡眠環境とは?非常に奥深いテーマです。  結論か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングに、快適睡眠に、腸内フローラで健康な体を維持できている。

 今年の健康管理の好調さの要因は、先ずランニングでたんぷりと汗を流している事、次に睡眠環境の改善で快適睡眠が出来ている事、その次にあえて選ぶなら玄米豆乳にモズクにりんごなど腸内環境改善効果で快便である事と思う。これらは、昨年来見直しを行ってきた体調管理データの管理項目で明確に取り上げ、日常管理している。そしてこれらの改善項目は、健康管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬場の快適睡眠には、風呂で体をしっかりと温めることが非常に大事である!

 昨日は、風呂の大切さを再認識する出来事が起こった。風呂で湯に浸かって体を温めることの大切さです。寝る前に風呂で温まることで、90分後に眠気ピークが着てぐっすり眠れるというものだが、風呂のトラブルで温まることが出来なかった!私の場合は、足の冷え対策も重要で風呂で温めて即靴下を履いて冷えないようにしているが、足も温め不足だった。冬場のお湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年の計画を立案中だが、「快適睡眠」「毎日の排便」のための課題を検討中である。

 来年の計画を立案中だが、生活リズムの安定化を柱に考えて、今抱えている体調不良の課題を解決せたい内容になっている。生活リズムの基盤は、「快適睡眠」「毎日の排便」「運動習慣」「規則正しい食生活」である。いずれも相互に関係する事項であり、因果系であったり、結果系であったりと課題は多い。かつてメジャー野球で活躍したイチローは毎日同じ生活リズム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適睡眠は、寝苦しい夏場に麻敷パッドを使う工夫です♪

 夏場の快適睡眠を追求する課題は、なんとかクリアできる状態まで来ている。最も苦労したのが、「体が接して生じる敷布団の熱をどう放熱させるか?」という課題です。夏場は、綿布団に麻(リネン)の敷パッドを敷くことで、かなりの放熱効果が得られる。梅雨の頃にも麻敷パッドをトライしたが、手や腕がヒンヤリ感を感じて、逆に冷たく感じて寝付けない!問題を抱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適睡眠を求めて苦労してきたが・・・ようやく改善の兆しが見えてきた!?

 年を取るにつれて眠りが浅くなりがち!十分な睡眠が活発な健康的な活動の源であり、そして活動疲れから快適な睡眠を得るという生活リズムを繰り返したいという狙いから、自分に合った快適な睡眠を追及してきた。冬場は快適睡眠出来るようになったが、夏場の寝苦しさに、目覚め問題に悩まされてきた。単純に冬場の睡眠環境をそのまま夏場に適用すれば良いと考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体力を維持する努力!焦らずに継続させていきたい!

 最近、少し体脂肪が増え、体重も増え、体年齢が目標としてきた40代の壁を突破して51~53歳で推移している!これではいけない!と努力しているが、焦りは禁物なので、ハードにならないように時間を掛けて、昼ランに筋トレを行っている。以前は朝ランだったが、3月に風邪で体調を崩してから中断、気候が暖かくなるまで様子見してきた。朝ランの再開も考えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレッチ性抜群のズボンで寝心地良い!

 快適睡眠のグッズの中で、掛布団とパジャマのセットも大事である。真夏のみ薄手の綿パジャマで薄手の羽毛布団の組み合わせにするが、それ以外の季節は、厚手の綿パジャマで通常の羽毛布団の組み合わせにしている。今の時期は、まだ通常の羽毛布団で厚手のパジャマです。ズボンのゴムがユルユルになり、買い替えようとお店に行ったが、薄手の夏物の陳列でした。思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている時でもお腹グーは起こる!?腹が減っていては寝るどころでない!

 快適睡眠の基礎的なことに、「お腹が空いていないこと」は非常に重要である。脳や神経の栄養源は、糖である。糖=炭水化物が足りていないと、体の蓄えのグリコーゲンが枯渇して、脳はお腹グーで空腹のサインを出して、体は覚醒状態となる。眠気は飛んでしまう事態となる。寝ている時でも、脳や神経は糖を栄養に活動しているので、糖の貯蔵分が減ってくると、夜中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日の快適睡眠を定着させるには!?

 連日、安定した睡眠時間6時間を確保できる生活リズムで過ごしている。更なる睡眠時間の向上を目指す取り組みも行っているが、安定した睡眠を行う基本的な事項は、しっかりと定着させていきたい。その基本的な事項は、①眠気が出る前準備(運動・入浴・眠気待ちの過ごし方)、②睡眠環境(布団、枕、寝姿、部屋の温湿度)、③毎日の体内時計のリセット(光目覚ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕方にしっかり運動して体を疲れさせてこそ深い眠りが出来る!

 私の当面の目標のひとつが、「快適睡眠の実現(当面は6時間睡眠、途中の目覚め1.5時間以内の目標)」です。毎日の課題だけに、アレコレ試してきて、定着しているのが、寝る時のスタイルは、「夏場・冬場を問わず頭寒足熱にすること」、そして、「寝付きのスタートはうつ伏せ寝」で、毎日ぐっすりと深い眠りが出来るようになった。うつ伏せ寝スタートは良いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

質の良い睡眠の決め手が頭寒足熱にあった!特に足熱がポイント!

 質の良い睡眠を追及する中で、 夏場の睡眠不足問題は課題を残しながらも、冬場を迎えて、快適な睡眠が出来るようになってきた。季節に関係なく大事なことが解ってきた。私個人の抱えている問題でもあるが、多少手先・足先が冷え性であることです。睡眠前に足先が冷えていると、全く寝付けない!夏場の暑さ対策で16度除湿で寝る時でも、足の冷え防止に靴下は欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基本的な生活リズムを見直して快適睡眠が出来るようになった!

 運動習慣を維持しながら、毎日の快適な睡眠をしっかりと確保するように努めている。しかし、現実は悩み多く単純な答えを見い出すようなものでない。それは、夏場の睡眠不足問題をなんとか改善したいという課題、それから体年齢を40代を維持したい!という願望なのですが・・・・現実は、今年3月に発生した腰痛問題から、体力の低下、なかなか回復しない筋力、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汗をかくという能力のスゴサを最大限活用したい!?

 汗をかくという現象は人の生命の維持を基本に、さらに健康を保つ上で非常に重要である!ことを改めて認識です。汗をかく量や部位は、最も大切な脳と中枢神経を守ることを優先している。最も多く汗をかくのは額です。それは、生命を維持するために最も大切な器官であり、なおかつ熱に弱い「脳」の温度を一定に保つために重要な仕組みである。これらは体温をコント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適睡眠の条件を整える”睡眠術”を会得した!いかなるものか?

 快適睡眠を追及して、私なりの睡眠術の極意を会得して、連日、当面の目標達成の睡眠が出来ている♪  取り組みの経過については、先にまとめたが、まだまだ睡眠負債の返却が十分でないと思っている。目標達成も5~7時間レベルであるので、7時間以上の睡眠を目指して、更なる取り組みを行っている。そこで、改善効果の大きかった内容について、誰にでも共通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている時の体温を意識した快適睡眠術を知っていますか?年を取る程大事になる!

 快適な睡眠のために大事なことは、先ず、体内時計のリセット! そして、次に大事なのが、寝ている時の深部温度を下げることです。高齢になる程、睡眠時の体温が下がりにくくなっていき、それが年寄りの不眠の原因です。私のあれこれ手を打っているが、これという決め手の対策が出来ていない!そこで体の仕組みと対応策を整理して、やれることから、実施していき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑に熱帯夜の夏が戻ってきた!快適睡眠の対策もしっかり行っている♪

 昨日は、朝から暑い日でした!8月の長雨ですっかりと梅雨浸りから、一気に猛暑!関東内陸部よりも沿岸地方の神奈川の方が、南岸ほど気温が上がるという現象で、さすがに朝ランは控えた。体調(便通)も優れなかったのもあり、家の中でクーラーを入れて、2時間ランニングとした。横浜気象台で35度まであがった。昼過ぎからは雲が出てきたが、夜は熱帯夜で寝苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more