テーマ:ストレッチ

ハム系深部の筋肉の損傷が完全解消して、前屈の柔軟性が戻りつつある。

 ハム系の臀筋付根の痛みが完全解消して、前屈も以前の柔軟さに戻りつつある。前屈をすると途中で耐えられない痛みが出ていた頃のことは決して忘れない!無理なストレッチ運動が筋肉断裂の大トラブルを招いたと深く反省している。痛みが出る状態でさらに痛みを乗り越えて柔軟性を確保しようとした「開脚での前屈」運動です。無理に無理を重ねた結果、臀部筋深部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日の定期的なストレッチに、首・肩凝り防止のファシア運動です。

 年齢と共に低下する筋力をどう維持するか?筋トレによる筋肉増強も大事だが、体の柔軟性、筋肉の柔軟性を保つことも大事であり、毎日のストレッチは欠かせない。体中の関節を動かすストレッチです。関節周りの筋肉を効率的に動かせる運動を自分なりにパターン化すると習慣化出来る。私は、朝のストレッチに入浴中のストレッチを毎日行っている。朝は体を目覚めさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰回りの筋肉を柔らかくするストレッチは風呂場に限る!決して無理をしてはいけない!

 右腰の筋肉痛が起こり易い要因は何か?追及しているが、メダカ水槽の掃除で起こった原因は『右側ハム系が固くなり、痛みもあり、腰に負担がかかりやすい状態になっていた』『腰に負担が出ると判っていても一気に作業をしてしまう性格もある』『作業姿勢が悪い!=スクワット姿勢で膝を曲げて腰の負担を減らす姿勢が良いのだが、太腿の筋肉も衰えてスクワット姿勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股割りに腰割りの股関節ストレッチで柔軟性が向上している。

 座禅スタイルの両足を組む「結跏趺坐(けっかふざ)」にチャレンジしてきたが、持病の左膝の痛みが悪化してきたので中断。座禅の形は組むことが出来るが、本来の座禅のように続けることが出来ない。座禅スタイルは、股関節と脚の柔軟性が同時に必要なため非常に難しい。そこで、股関節の柔軟性を上げることを優先させる取り組みに変更している。  入浴中に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛対策に効果抜群のストレッチとは?

 腰痛対策に効果抜群のストレッチです。それは腰をねじるストレッチです。 私は、3月の腰痛問題(腰の筋肉痛)を起こしてから、再発防止に万全を期すために、いろんな腰痛対策を行ってきた。その中で、最も効果的なのが、腰のねじり運動です。特に立ち作業や中腰作業で腰への負担が多かった!腰が固まったりする時に入念に腰ねじりストレッチを行うことで、疲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を完全に防止するには、腰回りの筋肉疲労を取るストレッチが重要である!

 今年の3月に腰痛問題を起こしてから、早や7ヶ月経つが再発することなく順調である。発生原因となったイスの背中の丸まった座り方の改善も徹底出来ており、常に意識的に骨盤を立てる座り方を行う習慣が着いている。腰回りの筋肉が疲労を起こした時が要注意で、背筋を伸ばした立位と同様に骨盤を立てる座り方を行うように意識している。また、腰の筋肉のストレッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

柔軟性と筋力のバランスの取れた筋肉とは?日々の努力で達成感を味わいたい!

 「靴下のフラミンゴ履き」や「両手が背中側で届くか」や「前屈で指が床に着くか」といった体の柔軟性を図る目安の動作です。これをクリアできるとやはり嬉しいものです。日頃から意識的に筋肉の柔軟性を上げて可動域を広げるストレッチを行っていれば、少しづつ成果が上がって行くものです。そして出来たら、達成できた喜びを味わえる。  私も、筋トレとスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背中伸ばしストレッチの気持ち良さを体験したことありますか?

 背中のストレッチは気持ち良い♪2人ペアで行う背中ストレッチと1人で行う背中ストレッチの方法の紹介です。   先ず、2人ペアの方法です。2人が背中合わせで両手を組み、交互に背中に載せて背筋を伸ばしてあげる。これが非常に気持ち良いです。普段の姿勢が猫背気味の人には是非取り入れて欲しいポーズです。丸まっていた背中が伸びる感覚を知る。猫背の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラミンゴスタイルで靴下履きが出来ますか?上手く出来るようにするには?

 靴下を履く時の姿勢です。立たまま履けますか?フラミンゴのような片足姿が出来ますか?片足交互に出来ますか?靴下を履くこと自体は、座って履いても、立って履いても、何も問題にすることではない。フラミンゴスタイルが出来るかどうかの身体能力の問題です。太り過ぎて脂肪が邪魔して云々は論外・・・  両足共に、問題なく、ぐらつくことなく出来る人はス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体の柔軟性を保つコツは、風呂の中と風呂上がりに行うストレッチ!腰痛も出ない!

 可動域を広げるためのストレッチは、毎日楽しく続けている。風呂の中で行うものと風呂上がりに行うものと工夫している。ややもすると固くなりがちな股関節周りの筋肉、足裏のハム系は特に念入りに行っている。お陰で柔軟性を常に保てている。庭作業でしゃがんだり、中腰になったりする姿勢でも問題なかった。  ストレッチで無理をすると逆に筋肉を傷めること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランスボールで思わむ落とし穴に注意です!ストレッチと反対側の筋肉にも注意です!

 バランスボールを使ったストレッチですが、実力を超えた姿勢に注意です!バランスボールは部屋の中で、いつでもどこでも、簡単に使えるので便利です。  ストレッチには、激しい運動を行った後に行う、筋肉の疲労回復促進のためのクールダウンのストレッチと、筋肉を柔軟に保ち可動域を広く保つためのストレッチがある。つまり、ストレッチとは、筋肉を伸ばす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレッチ、クールダウン、ウォーミングアップの意味を正しく理解して行いたいですね。

 ストレッチの話を誤解している人がいるようなので、ポイントを説明します。前回、『ストレッチ運動も有酸素運動と同じように大事な運動です。ストレッチ運動には、激しい運動を行った後に行うクールダウンのためのストレッチと、筋肉を柔軟に保ち可動域を広く保つためのストレッチがある。』 という話でしたが、横文字が多くて誤解し易い。米国から入ってきた運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの筋肉は柔らかいですか?固いですか?背筋は伸びているかな?肩こりは無いかな?

 ストレッチ運動も有酸素運動と同じように大事な運動です。ストレッチ運動には、激しい運動を行った後に行うクールダウンのためのストレッチと、筋肉を柔軟に保ち可動域を広く保つためのストレッチがある。ここでは後者の筋肉を柔軟に保つ話です。 筋肉を柔軟に保つことで、背筋の伸びた良い姿勢を保てる。正しい立位が無理なく出来る。あなたのイスに座る姿勢は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎっくり腰の原因は?自分の利き足や弱点に原因の根っこが絡み合っている!?

 自分の体の特徴やクセを知って、それが弱点であれば改善していくという常に前向きの姿勢で臨みたい。難しく言っても仕方ないので、具体的な悩み(=弱点)と改善のアプローチについて話します。  先ず、今月23日に起こした「軽いぎっくり腰」の話です。今回は、3日で痛みは取れる程度の軽さで助かった。過去から繰り返し繰り返し起こしている問題だけに、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チョッと油断すると起こしやすいぎっくり腰!自分のタイプを知って行動する習慣作りです。

 腰痛対策の話もたくさんあるが、チョッと油断すると起こしやすい「ぎっくり腰」の話です。 腰痛と言っても、腰の内部の筋肉痛の話です。外部からマッサージ等出来ないので、治すのにも時間がかかり、鈍痛がいつまでも続く厄介な筋肉痛です。自然治癒するのに、ギックリの程度によって、軽くても1週間~2週間はかかる。  やってしまうと2度起こらないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性的な腰の痛みのある方に嬉しいニュースです!あのツライ痛みから解放されるのです!

 NHKのガッテンで「今までにない腰痛対策の取り組み」について紹介があった。言われてみると なるほど!納得!です。最も関心があったのは、慢性的な腰痛(ぎっくり腰ではない)に悩んでいる人たちが非常に多いことです。  どんな腰の痛みですか? に対して、 朝起きてしばらくするまで痛くてツライ!というものです。このことにヒントを得て調べた大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬場の半身浴にストレッチを加えたら、なんと運動効果も大きく、忍耐力の半身浴から楽しいひと時に変身!

 風呂に入って、湯船の中で十分に温まった体でストレッチをする。これが意外とすごい効果があるのです。 冬場どうしても運動の機会が減るが、この風呂ストレッチは、半身浴と運動の一挙両徳です。 以前は、風呂上がりに行っていたストレッチと比べてはるかに効果が大きい。  ① 風呂の中で、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチ  今まで風呂上がりにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋トレや過激な運動で疲労した筋肉を放置すると固い筋肉になります!ストレッチや柔軟運動でほぐしましょう

 故意に筋肉痛を出して、筋肉増強を行う筋肉トレでは、筋肉痛に対して休息と栄養(タンパク質)で超回復を狙います。 栄養の摂り方も脂肪の多いタンパク質や糖分を摂り過ぎた時は、有酸素運動で脂肪を落とすことが出来ます。この効率の良い筋トレで注意が必要なのが、筋肉増強にばかり目が向いて硬い筋肉造りになることです。必ずストレッチや柔軟運動などを行い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝寝起きのウォーミングアップ!夜のストレッチ!これが毎日の健康的な運動習慣です♪

筋肉の運動は、大きく2つに分かれます。第1が、筋肉を収縮させる運動(=力を入れる動き)。第2が、筋肉を伸ばす運動(=ストレッチと呼ぶ)。この両者は、筋肉にとっては全く正反対の動作ですので、正しく理解して下さい!   筋肉の疲労や故障など筋肉のトラブルは、どちらの運動で起こったかを把握して適切な対応を取る必要があります。  筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩甲骨周りのストレッチです。 背中に手が回る♪ かゆい所に手が届く♪ 

私の行っているストレッチの内容 : 風呂上りの体が温まっている状態で。 冬は部屋の暖房を入れて! 大きく分けて、3つです。 Ⅰ 股関節周りの柔軟性   Ⅱ 腰回りの柔軟性  Ⅲ 肩甲骨回りの柔軟性  今回は、前回の『Ⅰ股関節周りの柔軟性とⅡ腰回りの柔軟性ストレッチ』に続いて、『Ⅲ肩甲骨回りの柔軟性』の具体的なメニューを紹…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

股関節周りの柔軟性を保つためのストレッチです♪ 3ヶ月目安で上半身ペッタンコを目指します♪

私の行っているストレッチの内容 : 風呂上りの体が温まっている状態で。 冬は部屋の暖房を入れて! 大きく分けて、3つです。 Ⅰ 股関節周りの柔軟性   Ⅱ 腰回りの柔軟性  Ⅲ 肩甲骨回りの柔軟性  今回からは、ストレッチの具体的なメニューを紹介していきます。 <ストレッチとは?の理解を!> Ⅰ股関節周りの柔軟性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日行っているストレッチ・柔軟体操 継続的に行ってこそ効果が上がります♪ その工夫は??

私が、毎日風呂上りに行っているストレッチの内容を紹介します。 先ず動機について説明します♪  そもそも始めたきっかけは、筋トレで固まった筋肉を柔軟性のある筋肉にするためです。筋トレで筋肉を増強すると固い筋肉となります。この固さが、前屈で腰痛を引き起こす原因となるのです。特に冬場は危険です!過去に、11回程 腰の筋肉通(=腰痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレッチとは?筋肉を伸ばす動きで、筋肉の柔軟性を高める運動です。俊敏な動きにも耐える筋肉造りです♪

ストレッチ(stretch)とは、筋肉の柔軟性を高める目的で行う運動であり、これまでも柔軟体操と呼ばれてきたもので、筋肉の柔軟性を高め、関節可動域を広げるのです。ほかにもいろいろのメリットがあります。  筋肉の柔軟性が不足している状態で運動を行うと、捻挫や肉離れを起こしやすいので、ストレッチの前には準備運動が必要です。しかし、や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

101歳の日野原先生が薦められている『ストレッチで若返り』 ご自身の体験談ブログは大迫力です!!!

2012年10月4日に101歳の誕生日を迎えられた日野原重明(ひのはら・しげあき) 先生のブログに、『ストレッチで若返り:2012年8月8日』という記事があり、驚きました! なんと、昨年(2011年)100歳から始めた『ストレッチ』ですよ!  現在101歳の日野原先生は、毎週夜、本格的なトレーナーを付けて1時間半の『ストレッチ』を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more