いつまでも元気でいたい岩元英隆

アクセスカウンタ

zoom RSS 非常に聞き取りずらい防災無線放送!根本的な技術改善やエリアメールの活用も! 連絡体制の整備も!

<<   作成日時 : 2014/10/18 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 緊急時の防災無線放送は、伝達の速さは問題ないが、『伝達の正確性』に大きな問題がある! 『聞き取りずらい! 何を云っているのか? 単語を部分的に聞きとって、勝手に想像している。』 なぜ、そうなるのか? 音の広がり方、スピーカーの設置・向き、放送のしゃべり方・内容、・・・・  聞き取りずらいからと云って、ただ単に音量を上げるだけではダメ! 近くの人は”騒音公害!” 科学的なアプローチが必要なのです!

 音響の技術的改善が必要な問題と思うが、防災無線は、市町村の各自治体の課題。 独自に取り組んでいるようで、専門的な国の始動も無いようだ。 もっとも、国は防災無線放送を使っていないから実態を知らない! 市町村行政は、県に対してもっと真剣に対策を要請して欲しい! 
 また、防災無線の他の手段のたくさんあるはず! ある市では、ポケベルも使っていると聞く。 先の台風18号の時は平塚市では、避難勧告の発令を、『エリアメール』でも伝達した! これは、非常に良い手段と思った!  『情報を正確に知ることが出来た!』 エリアメールの発令のしくみも良く分からない? 
 携帯の無い人には、『ポケベルの安価提供などの工夫』 など様々な対策を組み合わせた工夫も必要と考える。
 それから、大事な連絡網の体制です。町内会などの自治会との連絡体制の整備です。 町内の世話役の人に負担がかかりますが、年寄りや体の不自由な人に、携帯の無い人など確実に伝達するために、各家庭を訪問するなどの体制ですね。 先の台風19号では、平塚市では、役所の人が、避難勧告対象の各家庭を訪問して伝達したと聴きます。 こまめな連絡体制の整備が非常に大事だと思います。  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
非常に聞き取りずらい防災無線放送!根本的な技術改善やエリアメールの活用も! 連絡体制の整備も! いつまでも元気でいたい岩元英隆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる