いつまでも元気でいたい岩元英隆

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼうこうは風船のように伸び縮みするものです。21秒間の放尿が適正なぼうこうの膨らみ具合です。

<<   作成日時 : 2016/11/07 07:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ”おしっこ”に係る悩み事から、ぼうこうの本来の機能回復に取り組んでいますが、このことが意外な健康管理の大事なことに密接に関係していることが解った! 
 それは、「寝ている時の小便での目覚めと小便の量の関係」、それから「毎日の水分補給の大事さ及び摂り方との関係」と毎日の事ですから、どうコントロールすべきかといろいろ取り組んでいる。
 ぼうこうは、本来風船のようにやわらかで、たくさんのオシッコをためて、勢いよく出し切るのが仕事ということを念頭に置いて小便をする習慣づくりです。 1回の排尿で約21秒間の量を出すには、前提は適切な水分補給が出来ていることで、かなりの大量の小便量です。 実際に計測してみると分る。この21秒は、男女差や年齢差もあるので、目安です。適切な水分補給が出来ているかどうかは、舌の裏側の静脈の舌診です。また小便の色と量も目安です。強烈な尿意が出ても、1回目ではトイレに行かない。生理的には、強烈な尿意ではまだぼうこうの半分なので、大丈夫ですので、ガマンです。座ってじっとしている時と運動している時では、尿意の出方も違うので、放尿21秒間かどうかを目安にガマンです。ぼうこうが膨らむ機能を回復するまで、約3か月かかるようです。
 朝起きて(体重51.5kg)、200ccの水分補給、日中の水分補給1500〜2000cc、食事をして、風呂上がりで体重53kgです。夜中の小便・汗で△1.5kgです。夜の水分不足は、脳卒中など非常に危険ですので、舌診して不足だと水分補強して寝るようにしている。夜の小便での目覚めを1回までに抑えたい!寝ている時は生理的にも出来るだけ小便に行かずに済むようにできているのだが、ぼうこうが風船のように膨らまないと尿意も出やすい。夜の小便が嫌だからと言って、水分補給を行わないのは、命の危険(脳卒中)となるので、厳重注意です!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぼうこうは風船のように伸び縮みするものです。21秒間の放尿が適正なぼうこうの膨らみ具合です。 いつまでも元気でいたい岩元英隆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる