アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「水分補給」のブログ記事

みんなの「水分補給」ブログ

タイトル 日 時
体調管理は万全だが、体力向上には筋肉増強が欠かせないが!?その工夫とは?
 早いもので今日から6月。今年の目標の達成状況は? 基本的な体調管理は問題なく出来ているが、体力の向上という面では、なかなか難しい。年と共に衰えていく肉体(筋力)の維持に留まっている。筋トレをチョッと休むと衰える。日常生活の中で、筋肉を使う工夫が大事です。机にかじりついてパソコンばかりしているとダメです。筋トレも激しい筋肉疲労を伴うタイプが筋力増強には欠かせないが、週2回しかやれないので、計画性がないと長続きしない。それより毎日続けられるレベルの負荷の筋トレの方が良いようである。  一方、ラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 07:46
美しい体造りの運動も、毎日の習慣にする工夫が要る。歩数計や活動量計が良い。
 ハリのある美しい体造りも毎日の運動の積み上げです。私の場合、毎日の運動量を把握するのに活動量計を用いている。長年に亘り歩数計だったが、昨年9月に活動量計に変えて、またパソコンとへのデータ取り込みも可能となり、データ管理も楽になった。活動量計を用いるメリットは何か?活動量を把握して、運動による排出するエネルギー と 食べて摂取するエネルギーの分析して体重をコントロールすることですが、難しい!日常の体重を大きく左右するのは、水分量の増減である。水分補給をしっかり行うことは重要であり、暑さが増すこれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 07:42
激痛の走る尿路結石の生々しい体験談に通じる現在の「ぼうこう肥大」作戦の尿意ガマン物語です。
 激痛の走る尿路結石の生々しい体験談に通じる現在の「ぼうこう肥大」作戦の尿意ガマン物語です。  尿路結石は、この世で最も痛い3大激痛(「群発頭痛」「心筋梗塞」「尿路結石」)の一つと言われる程、大変な激痛が発生する。私は、会社に入ってまだ若かりし頃 20代で尿路結石を経験した。  その時の処置が今取り組んでいる「ぼうこう肥大」作戦とよく似ているし、また水分補給の大事さも尿路結石を防止する重要な手段であると痛感する。毎日しっかりと水分補給して、腎臓内の不純物を排出させることの大事さです。結石は誰... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 07:53
適正な水分補給が行い、体調管理も万全です。夏場へ向けて発汗も増えるので注意したい。
 水分補給の大事さを理解しながら、毎日目標3リットル以上を達成させている。適正な水分補給量は、小便の色が白くなるレベルが良い。運動で大汗をかいたり、発汗が多い時は、小便の具合を見ながら、補給量を増やす。  体は、リンパ液や血液の元で主成分である水をあまり飲まない場合、血液やリンパ液がドロドロとなってスムーズに流れにくくなる。これが、脳溢血など非常に危険な病気を引き起こす原因にもなる。メタボの人、太っている人は特に気をつける必要がある。毎日、水分補給をしっかり行うことです。  夜寝ている時間帯... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 07:33
水分補給を真面目に取り組むようにした。決意した内容はこうです。
 水分補給の大事さは理解していたが、目標を決めて、毎日実行していくとなると、それなりの管理が要る。体の新陳代謝の促進を図るには、水分補給が欠かせない。今一度、その効果を確かめたい。 先ず、準備事項ですが、@目標決め A水分の内容 Bぼうこうの機能向上の取り組みも行う   @目標ですが、先の89歳の伊勢キミエさん(秋田県の養護老人ホーム海光苑)が、水2.1リットル以上であること。私の場合は、尿酸値を下げる薬を飲んでいるので、水分補給はしっかり行うようにと言われているため、従来のレベルよりも増や... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 07:50
89歳の養護老人ホーム入居者が、水分補給など自分で努力して、寝た切りから自力歩行できるようになる!
 昨日の日経の記事で 「水分2.1リットル自立のために」 という見出しがあった。 掲載記事の写真は老人(女性)の食事中だが、水分補給とは何? 興味を引く! 以下に記事のポイントを紹介。  秋田県の養護老人ホーム海光苑の89歳の伊勢キミエさんの日課の事例の紹介です。「1日約2.1リットルの水やお茶を飲む。」 ということが、いかに大事であるかということです。  伊勢キミエさんは、5年前の入居当時は要介護度4。ほぼ寝た切りだった。海光苑での「努力」が実を結び、次の認定では要介護度2に改善。今では人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 07:39
人間の体の細胞は、まるで脱皮のように生まれ変わっている!?これが新陳代謝です。
 基礎代謝の意味は解かったが、似たような言葉で新陳代謝とは? 新陳とは、古い物を捨てて、新しい物へ生まれ変わるという意味で、代謝とは、身体に蓄えたエネルギーを消費して、身体が行う生命維持活動そのものを指します。  つまり新陳代謝とは、身体を新しく生まれ変わらせるための活動です。人間の細胞は大人で約60兆個で構成され、それら全ての細胞は常に新しく生まれ変わり続けている。例えば、主なものでは  胃腸…5日周期 心臓…22日周期 肌…28日周期 筋肉と肝臓…60日周期 骨…90日周期  新陳代謝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 07:48
寒くて汗もかかないこの季節のむくみは大の敵!どうする?対策はコレです!
 寒いこの時期、汗をかきにくいので、水分の補給と排尿のバランスを考慮する必要がある。水分補給が足りていないと小便の色が濃くなるし、舌の裏側の静脈が紫色になる!=脳卒中などのキケン!。水分補給がオーバーすると排尿が追い付かない時は、一時貯えの”むくみ”となる。酒を飲み過ぎても同じで、”むくみ”が出る。このむくみは、汗をかかないこの季節では、自然排尿待ちとなる。運動で汗を流すのがベストですが、毎日の風呂での半身浴で汗を流すのも大事です。むくみは女性の美容スタイルには、大の敵です!そこで半身浴のススメ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 07:32
水分過剰摂取による下痢便は、突然に起こる!ちょっとしたミスで再発して驚きです!酒飲み後は要注意!
 腸内フローラを常に万全に保つことの難しさを実感している。水分補給は1回200cc以下の厳守は勿論もちろんのこと、小腸での吸収のタイミングも考えた間隔を意識することも大事とあらためて認識した。 昨年の夏に、過剰な水分補給が発端で、大変な下痢問題となり、日々こまめな水分補給をするようになった。ところが、昨年末、酒を飲んだ夜に朝方の目覚めでのどの渇きで水をコップ1杯飲んで寝直した。しかし寝付けずに二日酔い対策でまた水をコップ1杯飲んで寝たところ、しばらくして、排便の催しが出て、トイレへ急行!なんと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 07:25
過剰水分補給で始まった下痢問題だが、腸内フローラを整える食生活の見直しへと展開中です。
 夏場の下痢不調から立ち直ったが、今までの食物繊維リッチの食事では、依然として、ガスが多い!ユルイ便!となるので、単品ごとに試してきたが、量が多いと、いずれもユルイ便となる。バナナは強烈にユルクなる!リンゴは1個で緩くなる。リンゴ半分でギリギリといったところ。  また、牛乳は一切ダメ!(=乳糖不耐性が顕著に出る!)   残留乳糖の入っているヨーグルトも下痢を起こす。筋トレ後にたんぱく質栄養源に使っていたホエイ100も残留乳糖で下痢を起こす。  従って、腸内フローラの形成を考えて、発酵食品を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 07:34
ぼうこうは風船のように伸び縮みするものです。21秒間の放尿が適正なぼうこうの膨らみ具合です。
 ”おしっこ”に係る悩み事から、ぼうこうの本来の機能回復に取り組んでいますが、このことが意外な健康管理の大事なことに密接に関係していることが解った!   それは、「寝ている時の小便での目覚めと小便の量の関係」、それから「毎日の水分補給の大事さ及び摂り方との関係」と毎日の事ですから、どうコントロールすべきかといろいろ取り組んでいる。  ぼうこうは、本来風船のようにやわらかで、たくさんのオシッコをためて、勢いよく出し切るのが仕事ということを念頭に置いて小便をする習慣づくりです。 1回の排尿で約2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 07:31
急にお腹がグルグルで下痢!顔は腫れぼったいむくみ!ドロドロ血!水分補給の大事さが解っていますか?
 水分の取り過ぎが、下痢の原因だった!ことが判明した。1回に飲む水分量は、コップ1杯(=200cc)が限度で、それ以上を一度に飲むと、小腸での吸収が追い付かなくて、過剰分は大腸へと排出されて、下痢状の水分過多の便がコントール出来ずに出ることになる。特に、冷たい飲み物やお腹が冷えている時には、小腸の吸収がさらに悪くなるので、下痢が起こり易くなる。 温めた水分でも200cc以上だと同じことで下痢する。  従って、水分補給の基本は、コップ1杯でも一気飲みを行わず、チビチビ飲むことです。また、200c... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 07:37
雨の多いこの頃、家ランと言えど、水分補給を行いながら、体に適正な水分保持となるように努力している。
 連日、雨続きで、朝ランも家ランが多くなっている。家ランと言えど、すっかり、活動量計での歩数競争に夢中です。もっとも、下痢問題の解消から、さらに水分保持アップで適正な水分量に戻したい! 体脂肪率も水分量の低下で悪化したので、水分量を元に戻すことで、体脂肪率を8%以下にすることが出来る。食事を増やしたとか、運動量を減らしたとか、全くないので、脂肪が増加する要因はないのに、見かけ上の体脂肪率は8%オーバーから9%まで増えた。水分量が増えた時は、7%台に戻るという変動の激しい日々です。 夏場は発汗量が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 07:22
チビチビ飲みの道具にマイポットに自家製ポカリとくればいつでも手軽に飲める。健康促進です。
 水分補給には、チビチビ飲みを行うために、「マイポットの自家製ポカリ」 で対応しています。 パソコン中とか家ラン中とか、家の中でのこまめな水分補給です。 また、3時のお茶タイムも、緑茶3杯を1杯にして、2杯分は自家製ポカリにしている。 緑茶のカフェインは利尿作用があり、せっかくの水分補給も小便で摂った以上に排出してしまうので、見直しです。緑茶の持つ効能(タンニンなど)は体に良いのは解っており、1杯に留める。食後のお茶もカフェインの無い麦茶にしている。  チビチビ飲みの器として、保温性の500c... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 07:25
ビールを一気に飲む爽やかさはCMのワナ!一気飲みで体は悲鳴をあげている!? それはなぜ?
 先に、水分補給の基本的なことをまとめましたが、そんな当たり前のことをなぜいまさら! あまり気に留めていない方がほとんどのようです。私も以前はそうでした。 ところが体調不良を招く落とし穴があるとは!?   夏場のランニングを継続させるには、水分補給の大事さは誰でも察しがつきます。ところが、飲み方は、がぶ飲みが多い。まるで、ビールジョッキを片手に一気飲みするが如くです。ビールの飲み方で体がお覚えた一気飲みは、水分補給でも、がぶ飲み(一気飲み)が普通になっていた。風呂上がりに冷えたビールをクっと一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 07:32
スポーツ時でも、日常生活でも、水分補給は重要です。健康と美容のためにも、基本的なことを実行です。
 私も夏場のランニングで水分補給の重要性を認識したし、その水分補給の仕方も繊細な心掛けが重要で、一度にがぶ飲みすると胃腸の消化不良が起こり、下痢を起こす!  日常でも、健康と美容のためにも、上手な水分補給が必要です。それはどんなことか? ポイントを整理しておきます。  @ 適切な量は体重などにもよりますが、1日に1.5〜2リットルの水分補給が必要です。  A 水分補給のタイミングは、朝起きてすぐ、食事と食事の間、入浴前後、就寝前がオススメです。  B 食事中に水分を摂ると、胃液を薄めてし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 07:18
水分補給でここまで悩まれるとは! 脱水症状にならないように!爽やかな便通であるように!
 このところ、柔らか便問題に、天候不順の雨模様などで体調管理は非常に難しくなっている。とにかく柔らか便を止めるためには、水分の補給を1回コップ1杯(=200cc)に留める必要があり、水分補給も30分以上の間を置いてと・・・腹具合を見ながらのため、朝ランに出かけるのも苦労です。 その上に、急な雲行き変化で雨が降り出す天候不順で、3日間朝ランも出来なかった。 筋トレに家ランのメニューをこなしているが、体脂肪を8%以下に保つのは難しい。 やはり、外で朝ランをこなす運動習慣が生活のリズム感もあって、大事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 07:19
痛みは無いが、連日の柔らかい便続きに悩まされている。どうも水分摂取過多に問題があるようです!?
 このところ、便が下痢気味で、柔らかいのが止まらなくて、何かと困っている。これまで2週間ぐらい続いており、水状の便は、本当の下痢を思わせるが、お腹の痛みも無く、何が原因なのか分からないままです。  今まで、多少の緩いのは経験しましたが、全く我慢できない=止めることが出来ない緩さでして、初めてのことです。 ですから、朝ランも思うようなコースを取れないし、何のためのランニングか!?   可能性のある食べ物を消去法的に止めていきましたが、結局、止まらず。 これといった原因が分からないまま毎日トイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/18 07:35
夏場の朝ランも大便に小便の調子を整える事前準備が要るし、熱中症対策の水分・塩分補給は非常に重要です!
 朝ランの準備で大事なことは、体調を整えることです。 大便に、小便の問題の無いようにすることです。年間を通して、季節に応じた対応が要るとつくづく思う。 今の夏場では、汗対策と小便対策はセットで対応することになる。  朝4時起床から約1時間が体調を整える時間帯です。   @ 起床時の体温測定=自分の基礎体温の確認で、免疫力アップには基礎体温を上げたい!  A 10分間、布団に寝そべり、ウオーミングアップの運動です。足バタバタなどで腸腰筋・腹筋の筋肉から大腸に刺激を与える。これで大便が催すこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 07:10
非常に痛いこむら返り!夜中に襲われる危険も!どうすれば完全解消出来るのか!?
 人間の体は水分が60%(大人)を占めており、発汗等で失う水分量は1日2500ccである。 水分補給(1日2500cc)と合わせた塩分補給(1日10g必要)を心掛けている。 事後の補給よりも事前の補給で、こむら返りの発生防止など、常に体をいたわる心掛けが大事です。  こむら返りの原因が、脱水症状でしかも塩分不足ということを知り、ランニングなど汗をかくと解っている時は事前に「水分+塩分」の補給を行ってから、ランニングを始めます。 夏場は、睡眠中の発汗や小便で失う体液も意外と多い。睡眠中でも特に朝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/04 06:50
湘南マラソンの結果を振り返って!失敗の原因を分析して、今後の活動の活かしていきたい!
 湘南国際マラソンに参加して、なんとか完走した。 タイムは4時間23分56秒で、過去4回参加の中で最低となりました(残念!) 30kmまでは例年と遜色ないペースだったが、その後の体力消耗が激しく、今までにない苦痛を感じながらの走り(=歩きに近い走り)でした!     原因分析は、水分補給に大きな問題があった! 反省材料を今後に活かしていきたい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 07:35
暑い時のマラソンの水分補給の難しさを痛感しました! 給水と給水後の走りも練習が必要なのかな!?
暑い時のマラソンの水分補給の難しさを痛感しました! 給水と給水後の走りも練習が必要なのかな!?  昨日は、第9回湘南国際マラソンに参加しました。 快晴の中で、気温も22℃まで上がり、マラソンには過酷な環境でした! 事前準備万全で臨んだのですが、 水分補給が不十分で、30km過ぎて、35km当りで、太腿が上がらない! 大幅ダウンの走りとなり、 4時間オーバーの結果となり、残念です!  ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/04 07:31
登山の水分補給にお茶は厳禁です! 発汗と放尿のダブルパンチで熱中症の危険!!
登山の水分補給に、お茶を持っていく人がいますが、これは絶対に止めた方が良いです! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/17 10:50
人間の出て行く水ととりこむ水 自分の体のことなのに知らない事が起こっています!
体の中の水は、ただ体の中に溜まっているわけではありません。血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行き来したり、内臓や骨を作ったりして、常に動いています。また、動いているだけでなく、さまざまな方法で体外に出て行っているのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/14 08:56
ランニングの服装と水分補給について 【筋肉が熱を発生させる】【発汗=体温をさげるため】
 ランニングで、汗をたくさんかくように着込んでいる人を見かけますが、間違いです。ボクシングの選手が減量目的で、最後の水分も落とすために、着込んで走る。これは、水分減量=体重減です。(脂肪は変化なし)  汗=水分の減は、熱中症の危険!血液はドロドロ状態です。汗をかいても脂肪は燃えません!筋肉の運動で脂肪が燃えるのです。しかも筋肉の有酸素運動が効率的です。ラン中の水分補給が重要です。ラン前とラン後で体重が変わらないのが理想のランニングです。現実的には、ラン中の水分補給は少量でしか出来ません!  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/20 10:28

トップへ | みんなの「水分補給」ブログ

いつまでも元気でいたい岩元英隆 水分補給のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる