ぎっくり腰を再発させないスクワット姿勢の習慣化を行っている。

 再々再々発の持病持ち風のぎっくり腰がまた出て、猛反省!発生の都度の反省に、これではダメだ!忘れた頃に災難ではお粗末!今回の痛みを和らげる姿勢、腰に負担を掛けない姿勢=正しい立位=骨盤を立てた座り方を徹底する=習慣化すること=スクワット姿勢を日常運動に取り入れる。腰を曲げる姿勢は極力減らす!スクワット姿勢で腰を落とす姿勢の習慣化です。合…
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月を愛でる気持ちも絵になる!?

 昨日9月21日(火)は中秋の名月。8年ぶりに中秋の名月と満月の日付が一致ということで、我が家でも中秋の名月を愛でた。20日に定番のススキに団子をお供えして月見の準備、先ず十四夜の月を楽しんだ。台風一過の秋晴れ続きで、19日から21日の朝まで富士山がくっきりと見えていた。夜は19、20日と東の空に綺麗な月(十三夜、十四夜)を見ることが出…
コメント:0

続きを読むread more

まだ夏野菜の収穫が続く。

 夏野菜の収穫は、まだまだゴーヤに、ナスに、オクラに、ピーマンに、カボチャと採れたてを味わっている。カボチャは2個目で今回で終わりだが、他はまだまだ収穫が続く。夕採りで晩御飯で食べている。今回はカボチャ、真っ赤な完熟ピーマン、オクラです。
コメント:0

続きを読むread more

台風一過の富士山の姿はまだ夏山でした。

 台風14号が前代未聞のコースで、九州北部に上陸後、四国、紀伊半島を通過した。東海沖で温帯低気圧になったが、関東でも風雨が激しく、野菜への影響を心配したが、被害は小さくて済んだ。昨日は台風一過の晴天で、気温は上がるが北風が強くて、カラッとした暑さであった。富士山は、先に初冠雪したが、久しぶりに見ることができた。その姿は夏山で風が強く一日…
コメント:0

続きを読むread more

元気な姿でたっぷりと汗をかくランニングが出来ている。

 毎日のランニングは健康管理のために行っているが、最近体の調子も良く、以前痛めていた臀筋もすっかり回復して、体力向上を目指す走り方に変わってきた。6~7分/kmレベルで8km頑張っている。意識的に鼻呼吸で走る習慣も心肺機能の向上につながっている。72歳と言えど、肉体的には40代後半の気持ちで、体力の維持向上を目指している。長年鍛えて来た…
コメント:0

続きを読むread more

カボチャの2個目が育っている。

 カボチャのプランター栽培に挑戦して、初の収穫を味わった。その頃に雌花があったので、人工授粉をした実が大きくなり出し、大きさ形が整ってきた。後はじっくりと実るのを待つのみです。今回のプランター栽培では、同時に2個の実を育てるのは無理で、1個づつとなった。来年の再チャレンジに活かしたい。
コメント:0

続きを読むread more

エシャレット(ラッキョウの若どり)の苗が伸びて来た。

 エシャレット(ラッキョウ)の種植えを8月17日に行い、ようやく新芽が伸びだした。既に花芽の付いているのもある。エシャレットを生で味噌を付けて食べるのが好きで、8箱のプランターで育てている。3~4月の収穫が楽しみです。
コメント:0

続きを読むread more

白ゴーヤの最大の産物です!

 ゴーヤの緑のカーテンは健在です。通常の緑色のゴーヤの実はピークを過ぎて小さいのがほとんどですが、白ゴーヤは違って非常に大きいのがまだ採れた。今までで最大の大きさ!長さ23cmで周長はなんと30cmです。1Fと2Fの中間で脚立に乗って取った。色は熟し始めていてオレンジ色です。
コメント:0

続きを読むread more

発汗の少ない走りのランナーの小便対策はコレです。

 マラソン中の小便対策の基本は、過去に取り上げたが、これはある程度のレベルのランナーに当てはまるもの。発汗の非常に少ない状態で走るランナーの方には、小便対策としては『水分補給を控える』に尽きる。『マラソン=水分補給』の考えで水分を摂っても発汗しないのであれば、体の中の余分な水分は小便として排出される=小便が溜まり尿意を催す。私も臀筋及び…
コメント:0

続きを読むread more

まだ9月初旬というのに富士山に初冠雪とは!

 富士山の初冠雪のニュースです。昨年より21日早く、平年より25日早いということです。昨日(9月7日)の朝の富士山は山頂に薄っすらと雪が見えた。南岸低気圧の通過でなく、前線の南下だったが、冷たい雨が降ったということか。例年だと残暑厳しい頃だが、今年は前線の影響で雨続きだった。昨日は久し振りの晴れで平塚からも富士山を見ることが出来た。
コメント:0

続きを読むread more

白ゴーヤの大きな実が採れた。

 白ゴーヤの収穫です。4種類のゴーヤの苗を植えて、緑のカーテンは今もどうにか保っているが、通常の緑色のゴーヤはほとんど終わりだが、なぜか白ゴーヤはまだまだ収穫が続く。白ゴーヤは、植えたのは同じでも実の成る時期が随分と遅い。しかも実の成る場所がプランターの横で見落としてしまう。完熟する前の大きな白ゴーヤがあった。形はずんぐりむっくりが特徴…
コメント:0

続きを読むread more