自分に合った【乳酸菌:お腹を整える善玉菌】が決め手♪ヨーグルトの選び方・食べ方で変わる!

お腹の具合の良し悪しで、体調は大きく変わります。便秘がち、下痢がちと体調が変わるのは、なぜ??
腸内は善玉菌と悪玉菌との戦いの場でもあります。善玉菌を増やし、常に悪玉菌を抑えて欲しいのですが・・・


乳酸菌の種類もたくさんあります。「〇〇菌で、腸内改善を!」などのPRを聞きます。早速試したくなりますし、また「本日は、〇〇ヨーグルトの特売日で安い!」と買いだめのチャンスだが、自分に合った乳酸菌タイプでないと、お腹ゴロゴロの危険!!!

自分の腸内細菌は、自分に相性の良い乳酸菌しか受け付けません!先住の腸内細菌がいます。自分は何菌がいるのか不明?? いろんなタイプの乳酸菌を試されて、拒否反応(=お腹ゴロゴロ)という経験があると思います。先住菌と仲良く出来る乳酸菌が見つかったら(=約2週間続けてみて、お腹の具合を見る)、そのタイプの乳酸菌入りの乳製品(ヨーグルト)を継続させるのが、腸内環境を整える決め手です♪

また、ほとんどの乳酸菌は、食べて胃液(=強烈な酸)で死滅します。食べ方にも工夫が要ります。胃液が薄まっている時に、食べると良いのです。そうです。デザート的に仕上げで食べるのです♪
日本人の食文化を見ますと、漬物(糠漬け)、味噌、醤油の発酵食品、納豆もそうです。これらは、植物性の乳酸菌です。同じように、仕上げで食べるのが効果的ですし、植物性乳酸菌は、胃液に強いので腸まで届きやすいのです♪


牛乳でお腹ゴロゴロの人の話は聞きますが、漬物で味噌で醤油でお腹が調子悪いという人を聞いたことないですよね♪ 日本人に合った食文化も大事ですよね♪




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック