有酸素運動の健康促進は、計り知れないほどの効果があります!自分に合った乳酸閾値内の運動です!

 今日は、久しぶりに屋外でランニングを行った。30度越えの暑い中で、大量の汗も出たので、30分程で止めました。 1kmラップ4分32秒が最速で、目標4分切りには、まだまだ乳酸閾値(にゅうさんいきち)の向上を図る必要がある! 

 乳酸閾値とは、有酸素運動でランニング出来る限界の状態のことで、筋肉中の乳酸処理が限界状態で、呼吸もゼイゼイハ~ハ~で、酸素供給しても、有酸素運動が出来ない状態です! もうこれ以上にスピードも出せない! 

 この乳酸閾値を向上させるには、最も効率の上がる方法が、この乳酸閾値の手前の限界で30分以上運動する方法です。 つまり、人間の適応能力を最大限に引き出すのです。 乳酸閾値以内の有酸素運動では、脂肪の燃焼が最大の状態です。 運動で痩せる手段の最大の効果なのです。 この乳酸閾値は、運動能力によって大きく個人差があります。 

 この乳酸閾値の向上を図るための有酸素運動は、身体能力の向上だけでなく、健康効果も大きい!
①『心肺機能、酸素摂取能力の改善 』 呼吸筋を発達させ、体内への酸素のとりこみをよりスムーズにする。 
心筋を発達させ、血液の循環をより効率的にする。また、平常時の心拍数を下げる。 骨格筋中の毛細血管の新生を促す。
②『冠動脈疾患の危険性の減少』 血圧を低下させる。 血液中のLDLコレステロール、中性脂肪を減少させ、HDLコレステロールを増加させる。 体脂肪を減少させる。
③冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、糖尿病、骨粗鬆症の発症率を低下させる。

等々、良い事尽くめです♪ 是非、有酸素運動を行い、健康促進を図って下さい。 乳酸閾値以内で30分以上を目安に、自分の体力と相談しながら、実行しましょう! ダイエットによる食生活の改善に加えて、運動習慣の定着で、体脂肪の低下促進です! 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック