いつまでも元気でいたい岩元英隆

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏でも風呂で汗を流す習慣は、日本の古来の伝統です。発汗機能の向上で病気にも強い免疫力アップです!

<<   作成日時 : 2014/08/11 07:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏は、風呂に入って汗を流すのが苦手だという人が多い!? これは、『本人に気持ちの余裕がない!』 『時間が無くて次を急ぐため! これも余裕がないのと同じか!?』 『汗をかくと体が疲れてキツイ!』 『せっかく汗を洗い落としたのにまた汗をかくのでイヤだ!』 などの理由かな!? それとも日本の文化を理解していない!? 西洋かぶれかな!? まさか、日中にかいた汗、体に付着した汗を洗い流す行為を  『汗を流す』 と勘違いしていませんでしょうね!?
 いずれにしても、『余裕のない人』 『人生感にゆとりの無い人』 です。風呂は夏でもゆっくりと湯船につかって気持ちを和らげるゆとりが欲しいですね! これが、古来からの日本式の風呂の良さです! 西洋式のシャワーは、非常に歴史の浅い習慣で、日本人にはなじまないと思います。 西洋では風呂に裸で一緒に入るなどタブー扱い! 日本人の銭湯的な裸の付き合いの習慣はないのです。 こういった文化の違いを理解して臨機応変に『湯船につかる』 『シャワーをする』 を使い分けして欲しいものです。 『私はシャワー習慣です!』 などといった西洋かぶれの発言は、イヤなものです。
 また、夏でも湯船につかって汗を流す! あるいは、半身浴でじっくりと汗を出す!というのは、体を芯から温めて、内臓の働きも活発にするし、免疫機能も高まるのです。免疫機能というのは、私たちの体はウイルスなど外敵が侵入したら、攻撃する仕組みです。 ウイルスを死滅させるのに、体は熱を出します。(ウイルスは高温に弱いので)この熱に耐える強い体になるのです。 汗をかく状態は、温まった体の熱を逃がすために、発汗させて、蒸発潜熱で体の熱を奪う働きなのです。この機能=免疫機構を高めるというのは、体温が上がっても、じょうずな発汗の仕方を身に付けるということなのです。
 回りくどい言い方になりましたが、この夏場も健康を維持する大事な手段が、風呂に入って汗を流す! 血行促進で疲れを取り、明日への備えをして下さい♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏でも風呂で汗を流す習慣は、日本の古来の伝統です。発汗機能の向上で病気にも強い免疫力アップです! いつまでも元気でいたい岩元英隆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる