あなたの睡眠時間は足りていますか? 自分で判断出来ますか? 昼の会議の様子を観察すると意外な事が!?

 睡眠時間の7時間未満は、自分の脳の寿命を縮めている事を認識して下さい! 脳細胞は1度死んだら再生できません! いきなり、恐い話でスタートしますが、仕事仕事と忙しい毎日で睡眠不足で過ごしている人は、非常に危険です! 5時間寝れば大丈夫! と豪語したりする人が最も危険です! 個人差の話がありますが、人間の脳細胞自体に差はないと思います。
 また、週末の寝だめも効き目はありません! ウトウト寝や昼寝を含めた毎日の睡眠が脳の休養を決めるのです!
 最近のネットアンケートで、睡眠時間が6時間未満の人が、なんと50%もいるのです。 約5万人のネットを行っている人が対象です。 脳を使う作業も多い人と思われ、6時間未満の睡眠では、明らかに睡眠不足です。
 そういう人たちは、昼間に、眠気が来ます。昼食後の1峙~2時頃が眠気の来るピーク。この眠気は脳の生理的な要求なのです。 脳は睡眠不足をカバーしようとして、脳を休ませようとして眠気を出させるのです。 この脳の要求に対して、眠気覚ましのガムを食べたりして脳を休ませないのは、脳の寿命を縮める危険な行為です!  5~10分の短時間でも脳を休ませてあげて下さい! ダラダラと眠気仕事を続けるよりも、短時間寝てスッキリ状態でする仕事の方が効率が上がると思います。 なお、脳の休養(睡眠)が十分に取れている人は、昼間には眠気は来ません。
 昼からの会議でウトウトしている人は、睡眠不足の人が多い。 決して、会議の内容の問題ではありません。
電車でのうたた寝や昼休みのチョイ寝なども脳を休めるのに有効ですので、工夫して下さい。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック