「座りすぎ」にご注意なるタイトルの報道にオドロキ! 誰がターゲット? ゆっくり休憩も出来ない!?

 昨日のNHKのあさイチの「座りすぎ」が病気のリスクを高めているという話題にはビックリ! 初めて聞いた!
何でもオーストラリアでの調査結果を基に、日本にも適用するという実に・・・・○×△×・・・
 最近のテーマが、視聴率アップを狙ってのものか!? とにかく内容よりもタイトルで客寄せ的なものが多い!? また、健康問題を取り上げることが多い。 朝8時台の茶の間は、大半が奥さま、そして我々引退組である。 座ったままで人使いの多い人は要注意です! 真剣に聞いてください。

 今回の「座りすぎ」で言いたいのは、足の血液を戻す重要な役割のふくらはぎの筋肉運動のこと。 このふくらはぎの運動不足が、かつては飛行機のエコノミークラス症候群でも紹介があったことと同じ。 足は第2の心臓とも言われるように、足の静脈の血液を、ふくらはぎの筋肉がポンプのように動くことで、心臓へ送り返すのです。 座りすぎで、概ね8時間以上座ったままの状態が、病気のリスクが高まるというもの。 座ったままでも”貧乏ゆすり” やカカト上げ運動などすると良いのですが、何もしなくて動かさないことに問題がある。
 対策で面白いユニークな机が登場した。机の高さを自由に変えることが出来るもの。座り姿勢から立居の姿勢に机を上げて調整できるのです。なんと18万円の机です。
 立ち続けるのも疲れる。 座り30分に対して、数分の立ち・動きの繰り返しで、病気リスクは十分にクリア出来るそうです。 デスクワークでも、こまめな体の動きやフットワークの良い仕事ぶりは、仕事の速さだけでなく、健康にも良いということです。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック