夏場の朝ランも大便に小便の調子を整える事前準備が要るし、熱中症対策の水分・塩分補給は非常に重要です!

 朝ランの準備で大事なことは、体調を整えることです。 大便に、小便の問題の無いようにすることです。年間を通して、季節に応じた対応が要るとつくづく思う。 今の夏場では、汗対策と小便対策はセットで対応することになる。
 朝4時起床から約1時間が体調を整える時間帯です。 
 ① 起床時の体温測定=自分の基礎体温の確認で、免疫力アップには基礎体温を上げたい!
 ② 10分間、布団に寝そべり、ウオーミングアップの運動です。足バタバタなどで腸腰筋・腹筋の筋肉から大腸に刺激を与える。これで大便が催すこともある。
 ③ 水分補給(1000cc)・塩分補給(岩塩を僅か)、家の中で軽ラン、これで大体大便を催す。
 ④ 新聞にパソコンなど情報確認
   家を出るまでに大便を済ます。 ダメな時があるが、トイレに直ぐに行ける様なところランニングです。大便処理が目的のランとなり、ここがいろいろ問題です。 
 大便に問題の無い時は、いろんなコースにチャレンジも出来るし、インターバル走も取り入れたり、内容の充実させることが出来る。 最近、塩分の事前補給が功を奏して、小便の催しは無い! 塩分補給無しの水分事前補給では、1時間も走ると我慢できずに小便!(場所も考える必要がある)であったが、塩分補給は小便対策の解消と発汗に伴う熱中症予防の効果もある。もちろん、ラン後にも体重測定して水分補給に塩分補給を行っている。 塩分の摂取量が把握できないので、体への影響がどうなるか不安もあり、血圧測定も行っている。 足の指先やふくらはぎに引き攣りがある時は、塩分補給を追加することにしている。 水分補給も塩分補給も、体重や体液の塩分濃度の変化を最小限に抑えたいので、朝ランの前後や入浴の前後とこまめに自己管理するようにしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック