いつまでも元気でいたい岩元英隆

アクセスカウンタ

zoom RSS ランニングは若さを保つ秘訣!?そのスゴサの秘密とは?

<<   作成日時 : 2018/08/20 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 若さとは?人の体は20代をピークに体力的に衰えていく。その衰えを最小限に抑える!方法の話です。骨格筋は老いも若きも男でも女でも、筋繊維の数は同じである。力持ちの人でも力の弱い人でも筋繊維の数は同じで、違うのは筋繊維の太さです。筋肉は使わないと委縮する。使えば使う程に太くなる。運動して筋肉を使うほど筋肉は発達する。年を取ってからでも発達させることが出来る。ランニングは全身運動なので使う筋肉のバランスが良い。上半身の運動が少ない分は、筋トレを行うと文句なしのバランスがとれた骨格筋となる。しかも、ランニングは持続力のある赤筋(赤肉です)が発達するので、体脂肪が大幅に減る。短時間に力を発揮するタイプの筋肉は脂肪もある白筋で、相撲取りは典型的な白筋である。ランニングは心肺機能や発汗機能を発達させることができる。心臓も肺も内臓すべてが筋肉で出来ている。内臓は自分の意志で動かすことが出来ない不随意筋だが、ランニングでは息が上がったり、血圧が上がったりする。血流の促進、有酸素運動で血流も活発になる。血管も弾力のある若さを取り戻せる。特に毛細血管が増えて全身への血流が向上する。汗も出る。汗腺が発達する。爽やかな汗が出せるようになる。ランニングは自然と背筋を伸ばして走るようになる。つまり姿勢も良くなる。姿勢が良くなって肩こりも解消できる。
 そして重要なのが骨の発達を促進させることである。ランニングが骨に衝撃を与えることで、骨も発達させる。丈夫な骨は若さを保つ秘訣の「記憶力」「免疫力」「筋力」「精力」を向上させる。骨は衝撃が与えられないと衰えていく。骨密度が低下すると骨折のキケン度が増える。ランニングは非常に良い骨への衝撃効果である。骨密度が増して20代ピーク時の状態にまで回復させることが出来る。いかがですか!ランニングが効率の良い若さを保つ秘訣であることを理解して頂けたでしょうか。例え鈍足でも良いのです。継続させることが重要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランニングは若さを保つ秘訣!?そのスゴサの秘密とは? いつまでも元気でいたい岩元英隆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる