今年の冬の朝ランは、カイロ無しで乗り切れた!その寒さ対策とは?

 朝の冷え込みも大分減ってきて、朝ランも随分と楽になってきた。徹底した防寒姿のランニングのお陰で、この冬の寒さから手先・足先の冷えを起こすことなく、無事に乗り切ることが出来た。カイロを1個も使わなかった!初めての貴重な体験です!出かける5分前の事前準備が重要であることを認識出来た!このことは手先・足先の冷え対策の重要なことで、日常の中で十分に活かすことも出来た。手先・足先を温めるのは、毛細血管の血流であること!手先・足先の血流が途絶える=手先・足先の冷え(手先・足先同時に起こる)が、一度起こると体は基幹の臓器を守ることを優先させて、手足への血流を減らす、その結果、手先・足先への血流の道である毛細血管は委縮して、全く血流が途絶えることになる。こうなった手先・足先を元に戻すには、先ず顔や首の温度センサーに暖かさ感じさせる必要がある。冷たい外気の中で、顔・首を露出させていては、手先・足先の毛細血管は委縮したままである。いくらカイロで手先を温めても僅かの効果でしかない。従って、屋外でカイロを使うことよりも、自前の毛細血管の血流を活発にさせ続けることが大きな効果であるということです。ポイントは、暖かい部屋の中で、十分に手先・足先を温めておく!=毛細血管の血流を活性化させておく。そして、出かける5分以上前に顔・首の温度センサーを防寒具で覆っておく。私はネックウォーマーで鼻まで覆い、ニット帽を深くまぶり、目の部分を出すぐらいの防寒対策姿で、朝ランをしている。汗もしっかり出る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック