小松菜がアブラナ科の野菜ということを知っていましたか?菜の花も食べられる!?

 コマツナ(小松菜)はアブラナ科の野菜で、冬が旬で春先に菜の花が咲く。江戸時代初期に現在の東京都江戸川区小松川付近で栽培されていて、将軍吉宗に献上してといわれている。小松菜の菜の花とな?通常、小松菜は葉を食用として刈り取ることが多い。今回、小松菜のプランター栽培で冬越しさせたら春先には花芽が出だした。そこで菜の花とは?
 アブラナ科の野菜が咲かせる黄色い花全般を菜の花という。ナタネ、カブ、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カラシナ、ザーサイなどアブラナ科アブラナ属で主として花を食する。同じアブラナ科のコマツナも同様に菜の花を食用とすることが出来る。小松菜の菜の花は、花が開いてしまうとえぐみが出てくるため、蕾のうちに食する方がよい。小松菜の花は通常の菜の花より苦味がなく、柔らかくて食べやすい。味はあまりしないが、栄養価が高いのでお勧めです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック