台風の関東上陸!塩害対策の工夫を農家に学ぶ。

 台風19号の被害の大きさに驚くばかりです。大型で暴風雨の範囲が広かった!関東に上陸、しかも勢力が衰えない状態であった!進路北側は記録的な雨量(=1~2日で年間雨量の3~4割)!相模川の城山ダムの放流で下流域の平塚も避難勧告が出た!今までに無いことなので大変な心配だったが・・・事なきを得た。
 当時の様子を振り返ると、19時前に伊豆半島に上陸する進路で、平塚上空を通過したものと思う。風向きは最初は東風、そして南向きに変わり、21時半頃にはおさまってきたので、外回りの様子を確かめることが出来た。東側のカーポートの破損を心配したが無事。車の陰で大丈夫だろうと思っていた植木鉢が4個程転倒、またゴミ箱(空)も蓋が飛び転倒。翌13日の朝は快晴、風は少し強い。プランター栽培のブロッコリーの苗が折れているのがあった。台風の塩害は毎度のことです。たっぷり水を与えたがダメなものもあった。農家の塩害対策をテレビで見たが、目の細かいシートで被うやり方です。塩害に弱い葉物野菜はやはりシートで被うのが良いと感じた。また、青虫対策にもなるので、取り入れてみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント