ハム系深部の筋肉の損傷が完全解消して、前屈の柔軟性が戻りつつある。

 ハム系の臀筋付根の痛みが完全解消して、前屈も以前の柔軟さに戻りつつある。前屈をすると途中で耐えられない痛みが出ていた頃のことは決して忘れない!無理なストレッチ運動が筋肉断裂の大トラブルを招いたと深く反省している。痛みが出る状態でさらに痛みを乗り越えて柔軟性を確保しようとした「開脚での前屈」運動です。無理に無理を重ねた結果、臀部筋深部の付根の筋肉にまで損傷が及んだという最悪の事例です。腰痛対策にも効果のある前屈の柔軟性の確保ですが、腰部は曲げないで出来るだけ真直ぐな状態で前屈する姿勢が基本で、前屈の柔軟性を保つようにしている。過去の腰痛問題では、ハム系が固いために無理な前屈で柔らかい腰の筋肉が伸びて損傷を起こすトラブルが多かった。ハム系の柔軟性も重要だし、股関節周りの柔らかさを保つのも重要です。今後のストレッチは決して無理をしないようにしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント