歯と歯茎の健康を維持するには、食後の歯磨きが重要!

 6月の歯科定期検診で左奥歯の歯茎の悪化(歯磨きで痛み!出血する!)を指摘されて、痛みをこらえながら、毎日指摘箇所を中心にしっかりと歯磨きを励行してきた。3ヶ月経って歯茎の痛みも消えたし、違和感も全く無くなった。歯周病が進むと歯がぐらつき自歯を失うキケンがある。そうならないように歯茎を正常な健康な状態に戻す必要がある。右側奥歯は下側の歯を支える骨の骨折のために歯茎が歯周病となり、悪臭も出だし、抜歯せざるを得なくなった!という苦い経験をしている。また医者からは「これ以上の自歯の損失は、入歯ですよ!」と警告されているので、歯茎の痛みをこらえながらも一生懸命に繰り返し繰り返し、磨き続けた。歯磨き指導も歯茎も軽く磨け!歯間の歯茎も同様に歯間ブラシで磨く。そのためには歯間ブラシも部位毎に適正な大きさのブラシが要る。今回のように歯磨きで歯茎の痛みが出なくなったのは、初めての経験です。今後は歯茎のケアもしっかり行っていきたい。特に食後の食べカス除去の歯磨きが重要です。そして汚れ付着の無い歯が再石灰化の基本です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント