筋トレも楽しく行う工夫です。体操の競技に着目した内容をどれだけ出来るか?達成感を味わいながら筋トレ。

 筋トレもマンネリ化防止の工夫しながら、毎日行っている。筋肉増強を主目的にすると、週2回ペースのハードな筋トレで筋肉痛発生の超回復を狙うが、今回はそうでなく、脂肪燃焼もさせながら、筋肉も増強させていく取り組みです。
 それは、筋肉に苦痛を与えるのを極力減らして、楽しみを持たせるようにして、かつ、目標を達成させるやり方です。目標とは、例えば、順手懸垂だと7回クリアから初めて今では9回クリアです。これを伸ばしていく目標です。
 筋トレの内容は、朝ランでは下半身を鍛えるので、上半身を中心にしたメニューです。 鉄棒(寿運転懸垂、j逆手懸垂、足先上げ、チンニング)、ダンベル(平行棒スタイルの両足並行上げ、胸筋、腕関係)、倒立です。家ランしながら、筋トレ30~40分/日です。時間帯は、睡眠ぐっすり対策から、14時~15時の間です。最も体温が上がる時間帯で筋トレでさらに発熱させる狙いです。一日中の体温の上下の温度差が大きいほど熟睡出来るということなので、そうしている。

"筋トレも楽しく行う工夫です。体操の競技に着目した内容をどれだけ出来るか?達成感を味わいながら筋トレ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント