「こまめに水を飲む」は、最大のウイルス感染防御である!もっとPRすべき!

 水など飲み物をこまめに少しずつ飲む=胃袋に流し込む。口や喉に入ったウイルスを水で胃袋の強酸性の中に流し込み、ウイルスを死滅させる。医者がインフルエンザなど感染しない最大の対策は、15分おきぐらいに少しずつ水を飲むと聞いたことがある。また、幼稚園の先生たちが風邪を引いて休みが多くて困っているというので、先生たちにこまめに水などを飲むようにしたところ風邪を引かなくなったという話も聞いた。日頃多くの人と接する機会の多い時、ウイルスに接する機会の多い時ほどこまめに水を飲むと良いのです。コロナ菌でも同じと思うが、マスク着用やうがいでの防御に加えて、こまめに水を飲むということをもっとPRして欲しい!

"「こまめに水を飲む」は、最大のウイルス感染防御である!もっとPRすべき!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント