テーマ:睡眠時間

スマートウオッチの活用事例です。

 スマートウォッチを導入して、1ヶ月経過した。順調に使いこなしが出来ている。初期の目的は、睡眠時間の計測です。今まで使ってきた睡眠計(オムロンの睡眠計:HSL-101)と比較しながら、スマートウオッチ「Fitbit Charge4」の睡眠分析を行っている。Fitbitでは、3時間未満の睡眠は睡眠時間とはみなさない!例えば、就床後3時間未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢とともに減っていく必要な睡眠時間だが!?どんなレベル?

 最近の睡眠(脳を休める)は、約6時間を目安に設定している。以前は睡眠負債(寝不足)を意識して7時間睡眠を目標にしてきたが、なかなか達成できないレベルであることを認識した。それは、年を重ねる毎に必要な睡眠時間は減っていく。睡眠負債の出ない睡眠時間は、体の老化と共に減っていくものだと認識し出した。71歳の私は、体年齢は40代と自負して睡眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠の質を上げるには、先ず頭寒足熱、そしてうつ伏せ寝スタートだが!?

 睡眠の質を向上させる取り組みの中で、夏場・冬場を問わず頭寒足熱は必須であることが解った。夏場でも登山用の厚手の靴下着用(=足熱)で横向き寝スタートでも、なんとか寝付けることが出来るようになったが、寝付けない時もある。前日に十分な睡眠だと次は寝付きが悪くなる。疲れてバタンキューの睡眠を求めるのだが、日中に激しく活動的に運動するにも年齢的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

質の良い睡眠の決め手が頭寒足熱にあった!特に足熱がポイント!

 質の良い睡眠を追及する中で、 夏場の睡眠不足問題は課題を残しながらも、冬場を迎えて、快適な睡眠が出来るようになってきた。季節に関係なく大事なことが解ってきた。私個人の抱えている問題でもあるが、多少手先・足先が冷え性であることです。睡眠前に足先が冷えていると、全く寝付けない!夏場の暑さ対策で16度除湿で寝る時でも、足の冷え防止に靴下は欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏場はなぜ寝にくい?冬場の睡眠との差異は何?

 睡眠の質を上げるには、ゴールデンタイム(=寝付きの熟睡時間)を60分以上確保したい!そして、6時間以上の睡眠時間を確保したい!と考えて、睡眠方法など繰り返しアレコレ試している。この夏場が上手く行かない!冬場では上手くいっているのでその方法をそのまま夏場に適用しようとして、環境条件を強制的に強冷・除湿するが限界があるため、その分の対応を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑続きの今夏は非常に厳しい睡眠環境!どうすれば快適睡眠が出来る!?

 睡眠の質の向上と言っても、漠然としている。”良く寝た!” ”ぐっすり寝た!” ”翌日の目覚めがスッキリしている” といった定性的なものが多い。具体的なデータで表すことが難しい。  なぜ? ぐっすり寝ている時は脳が休んでいるので記憶に残らないからです。目覚めている時は脳が働いてるので記憶に残る。夢を見たというのは記憶に残っている=脳が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年を取る程に睡眠時間が減っていく!何とかしたいが思うようにいかない!コツは!?

 一般的に6~8時間の睡眠が必要と言われている。高齢になる程に、睡眠は年々短くなり、小便の目覚めも増えて、実質の睡眠時間が減っていき、3~5時間になる。こうなると、日中に眠気がきてウツラウツラとなる。場合によっては、昼寝を日課にするようになる。もっとも、睡眠時間3~5時間の人でも、就寝時間は6~8時間取っているのです。その差2~3時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうすれば返済?コワ~イ睡眠負債」と聞くと、興味津々ですね。

 昨日のNHKあさイチで 「どうすれば返済? コワ~イ睡眠負債」 のテーマで、睡眠の課題が取り上げられ、興味深く見入った。以前に、睡眠負債はNHKスペシャルで取り上げられた。今回も同様な問題提起から始まり、対策は、寝付きと寝覚めを良くするテーマで、就寝時間の確保をする策の事例でした。睡眠の質の向上の話題も出たが、具体策まで準備されていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体を休める就寝と脳を休める睡眠の違いが分かっていますか?脳を休めることが非常に大事です!

 18日(日曜日)のNHKスペシャルで、「睡眠負債」の話があった。内容的には、毎日の睡眠不足が溜まり続けて大きな負債となり、健康被害を引き起こすことになる! 毎日の睡眠を7~8時間しっかりとりましょう!というものだった。 どうやれば、しっかりした脳を休ませる睡眠をとれるようになるか? が関心事であるが、通り一遍の話でしかなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の日差しを浴びながら朝ランも充実!体調は万全と言いたいが睡眠不足の悩みはまだまだ続く!

 3月も終わり、夜明けも早くなり、朝ランの活動時間も長く出来るようになってきた。早朝に、綺麗なオレンジ色の朝日を見えれるのは、幸せな気分になる。朝もやの中から昇る陽がオレンジ色に輝いている。とは言え、まだまだ寒いです。真冬と同じ装備で朝ランです。7時過ぎに帰る頃には日差しも高く、気温も上がり出し、汗をたっぷりと出す。   早朝の朝ラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの睡眠時間は?自分の正確な睡眠時間を知って驚き!睡眠の質の向上を図りたいのですが!?

 睡眠時間はどれくらいですか? の問いに正確に答えていない人が多い。それというのも、睡眠時間を就床時間と思って答えるからです。 就床時間とは、文字通り床(=寝床)に就いている時間のことです。一方、肝心な睡眠時間とは、就床時間の内、寝ている時間です。つまり、図式化すると  就床時間=睡眠時間+目覚め時間  就床時間 : 寝るために寝床(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝付きが悪い。ウトウトして寝付けない。目覚めがスッキリしない。睡眠の実態を知って、地道に改善をしたい

 睡眠時間は? と聞かれて、以前は、7時間と答えていたが、・・・ 睡眠計で計測した結果、7時間!? とんでもない! 睡眠時間は3~4時間であることが解った!  どういうことかと言うと、7時間とは、就寝21時から起床4時の7時間のことで、就床時間とでもいう7時間! 睡眠計で実測して解ったことですが、就寝してから、睡眠(レム睡眠とノンレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少しはマシになってきた睡眠環境だが、ぐっすり熟睡したいのに出来ない!なぜ?本格的な分析も要る!?

 秋も急激に深まる日々ですが、たっぷりと睡眠できる環境となり、助かっている。 夏場の寝苦しい蒸し暑い日々が多かった今夏では、睡眠時間が3~4時間と、非常に少なく、どうすれば熟睡できるのか!?と日々いろいろ試しながらも効果が出なかった。 ところが、最近の気温の低下で、安心して、寝付けるようになり出した。 寝付きを良くするには、足熱頭寒が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠の質を向上させたい!実態を睡眠計で知って愕然!分からないことだらけで迷走中です。

 年齢を重ねる毎に、睡眠時間は減少していくという。 冬場では全く問題なく、良好な睡眠だったのですが、夏場の寝苦しさもあるが、最近、睡眠のトラブル?に悩まされている。 寝つきの悪さに、夜中の目覚めで、朝の起床もスッキリしない日が続いている。極端な睡眠時間の減少です。昼間に眠気が来たら、30分以内の仮眠をとっているが、これを我慢しても変化な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日はたっぷりと寝だめ習慣の人は、心筋梗塞や脳卒中の恐れ!と言われたら、どうします!?

 12月4日のMSNニュースのビジネスジャーナルで 健康に関する重大な記事があった。   「休日に寝だめ」 は危険で絶対NG! 心筋梗塞や脳卒中の恐れ  寝不足のほうが健康的! という見出しの記事です。 要点を、簡単に紹介します。  11月18日、アメリカの学術誌「Journal of Clinical Endocrinology …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more