テーマ:登山

富士山の火口をぐるりと回るのを【お鉢めぐり】と言います。日本最高地点の散歩で~す♪

私は、富士山に5回登りましたが、毎回欠かせないのが、【お鉢めぐり】です♪ 奥の院へのお参り、最高地点剣ヶ峰(けんがみね;3,776m)での記念撮影、南アルプスの眺望、大沢崩れの観察、スバルラインの車の混み具合、八ヶ岳の展望、目の前を噴き上げていく雲の吸気、記念バッジ(年月日打刻)の購入、友達へのメール発信など、楽しみ方盛り沢山です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地の雪解け水、梓川の水の色は、神秘的な水色♪

2011年5月14日、連休のピークを避けて行ってきました。通年、マイカー規制で釜トンネルから入れませんので、沢渡(さわんど)の駐車場からバスで上高地へ。上高地に入ると、残雪があちこちにあり、冬の寒さ。景色は、雪解けの山に、梓川(あずさがわ)の清らかな水、神秘的な水色♪を堪能しました! 明神橋付近の梓川の水の流れ 河童橋と雪融けの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳の大雪渓の渡り方、注意が必要なクレバスについて!

2011年9月24日の登山時の白馬岳の大雪渓の情報です。日増しに雪渓も融けて、登山道(赤いペンキの印)途中にもクレバスが出来ていた。クレバス(英語:crevasse)とは、氷河や雪渓などに形成された深い割れ目のこと。大雪渓の上は、通常の登山靴のままで問題なく歩けます。登りも下りも、ゆっくりと歩幅を狭くして。特に下りが滑りやすいので、足場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳の光景、雪渓の残る登山道、山頂から小蓮華山へ通じる登山道、北アルプスの醍醐味です♪

2011年9月24日の登山した時の光景です。猿倉から大雪渓を経てのピストン登山。ブログのトップアイコンにも白馬岳頂上の写真を使っています。白馬は一年中、雪渓の残る山で、山小屋近くの雪渓と山頂に続く登山道です。 白馬岳山頂から、小蓮華山(坂の上の雲で登場した)へ通じる登山道 写真右手前の白いのは、昨日の初雪の残りです。 白馬…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

早朝の秋の尾瀬の風景です♪霜の下りた草原に朝霧立ち込め、紅葉に朝日が映える♪

たくさんの形容詞が付けたくなる尾瀬の風景です。早朝に行くには、かなりの覚悟が要りますので、私の体験写真に皆さんをお誘いします♪2010年10月23日に燧ケ岳(ひうちがたけ:2,356m)日帰り登山の目的で、鳩待峠から尾瀬ヶ原を通った時の早朝△4℃の中の光景です。 先ず、霜の降りた草原 朝日が尾瀬ヶ原に差し込みだす時の燧ケ岳(ひう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の富士宮5合目から行く宝永火口でハイク&登山靴スキー♪

2008年5月17日に富士宮5合目から行ける【宝永火口】ハイク&登山靴スキーを楽しみました♪ 駐車場はきれいに除雪されていますが、登山口は残雪多い!ほんとのスキーを楽しむ人もいます。スキーを担いで、行けるとこまで(8合目ぐらい?)行ってから滑ると言っていました。 宝永火口の様子、ハイクには全く問題ない雪でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の火口の中には、下りられないのでしょうか? いかにもアリジゴクのようで登って帰れないのでは?

NHKの富士山の冬登山で、山頂火口の中まで下りていくのを見ましたが、雪に覆われた状態なので、普通の雪山状態と思いました。夏山の富士山火口は、いかにもアリジゴクのようです。チャレンジしたくても、怖さ先行で、決断できません。5回の登山でしかないのですが、下りている人を見たことはありませんが、下り方などご存知の方コメント下さい。見たことのある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根越えの古道(3)=湯本から塔の峯、明星ヶ岳に登り、明神ヶ岳から碓氷道で大雄山寺へ=

2009年5月23日に、【箱根山越え&アサヒビール神奈川工場見学・試飲】のハイクで汗かきしてビールを美味しく♪というアサマシイ根性で、最も古い箱根越えの古道を歩きました。コース図と断面図は【カシミール3D】で作成 湯本駅を8時20分に出発。裏道(舗装道路)で阿弥陀寺へ、裏山から登山道(多少ヤブ状態)で塔の峯を経て、一旦舗装道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根越えの古道を歩こう♪(1)先ず全体を知って、好みのコースを散策しましょう♪

箱根の山越えは、箱根八里の歌「箱根の山は、天下の嶮 函谷關(かんこくかん)も ものならず 萬丈の山、千仞(せんじん)の谷 ・・・」とあるように、険しい道だったようです。現代では、古道も再現・整備され、昔を偲びながらのハイキングを楽しめます。私も、10回ぐらいコース別のハイクを楽しみました。先ずは、それらを総合的に紹介します。旧東海道の途…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

すずらんの里~入笠山(にゅうかさやま)~360度の見晴らし(北・南アルプス、八ヶ岳)サイコ~♪

中央自動車道の諏訪南ICから、国道20号線から、JR中央本線すずらんの里駅から、入笠山へ行けます。 すずらんの開花のシーズンは、マイカー規制がありますので、情報確認下さい。規制中は、ゴンドラ駅に駐車してゴンドラ利用です。私は、2011年5月21日すずらんは新芽状態の時で規制なく、車でマナスル山荘前の無料駐車場まで行きました。駐車場にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央自動車道の岩殿トンネルの岩殿山をご存知ですか?桜の季節は、富士山絶景ポイントなのです♪

中央道を下って行くと大月ジャンクションの手前で、岩が鏡状にむき出しになった山があります。非常に目立つ山です。こんな感じの山です。 岩殿山(634m)と言います。車は短いトンネルを通過します。実は、ここは、春桜が咲く頃に富士山との絶景コントラストを楽しめるピクニック登山の場所です。現地のPR看板の写真です。 鏡岩の大岩壁をみせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮ケ瀬ダム周辺の”シモバシラの花”情報=ガイド地図付き=

シモバシラの花を知らない方が多いようですので、実際の現場へのガイドや情報をお知らせします。宮ケ瀬ビジターセンターのHP掲載の内容のコピーを活用しています。 先ず、場所ですが、宮ヶ瀬ビジターセンターの散策ガイドhttp://www.kanagawa-park.or.jp/miyagase/guide.htm さらに、最近のシモバシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”シモバシラの花”をご存知ですかな?

シモバシラと言うと、冬に地面に出来、足で踏んでサクサク音がする”氷の柱”と間違えられるんです。 これは、シモバシラという名の草が秋に枯れ、冬になって氷点下近くまで気温が下がると、毛細管現象で茎が吸い上げた水がジワジワ滲み出しながら凍ります。薄い氷の膜のようなもので、それがいろいろな形になるのですが、自然が造る芸術作品ですよね。毎年、冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山の地図情報はカシミール3D♪ 改訂版が販売されています♪ 

解説本付きのCDです。ソフトの改訂は、私も無料でダウンロードしました。常にメンテもしっかり出来ていて助かります。登山には、必需品と言って良いくらい便利です。 改訂新版 カシミール3D入門編実業之日本社 杉本 智彦 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穂高岳日帰り(新穂高温泉-白出沢コース:2011年9月17日)の解説です♪

5時20分有料駐車場を出発、右股の林道を延々と1時間20分、槍ヶ岳との分岐(写真)から、登山道へ。途中の沢の難所(写真解説:唯一の危険個所)を7時30分に通過。荷継沢を経て、2時間の岩場(浮石)登り、山荘に到着。岩場は、例年雪渓があり、融け具合で、コースも変わる。自分で好きな所を選びながら登る。幸い雪渓はほとんど融けていて楽でした。小雨…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

登山の癒しに、【ライチョウとの出会い】があります♪

【ライチョウとの初の出会い】は、一昨年の御岳山(10/17)で感動しました♪ メスです 2回目が、昨年の間ノ岳(8/8)で子育て中のメスに合いました。一生懸命食事中の子供を守ります♪ 3回目が、昨年の常念岳(8/28)で番でいたのですが、写真は1匹だけ。メスです 4回目が、昨年の五竜岳(9/23)で、この時に、突然の初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百名山の登山実績(55山)のデータを公開しま~す♪

個別の登山行動は、記録してませんが、全体を把握する一覧表を公開します。これは、実績の見本ですが、これから登山予定の45山のデータも全て同様に準備完了しています。 登山口標高、沿面距離、登山コース設定などは、カシミール3Dによります。(2/23のブログ参照) 個別の登山行記録は、写真も元に回想しながら整備していきたいと思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山の便利な地図【カシミール3D】これで、登山口から登山ルート、断面図、標高差などゲット♪

登山時の準備に、車駐車場は?登山口は?登山ルートは?ピストン距離は?と登山口を決めて、そこまでの車アクセス(=カーナビ)を調べる。出発時間、帰りの時間目安を設定して、天気を見ながら、決行です。    日本百名山のネット情報などは即入手できるが、自分の計画に落とし込むには、実際の位置関係を地図で調べる必要があるが、【カシミール3D】は…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more