テーマ:体重体組成計

体年齢を維持するために、日々努力する運動に、食生活のコントロールです。

 体重体組成計(オムロン製:HBF-254C Karada Scan)の測定で体年齢が出るが、最近40代ギリギリで推移しており、朝一目覚めの計測で50歳が出ることが度々。何としても40代をギリギリでも維持したいという意気込みで、日常生活に気を使っている。朝ランや筋トレなどの運動に、食生活が体重・体組成をコントロール出来る大事な管理項目で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体年齢の老化だけはさせない!と老体にムチ打って頑張っている!?

 腰痛問題で運動ブランクが出来て、衰えた体を元に戻したいと2ヶ月復帰作戦で臨んできた。衰えた筋肉を元に戻す!体脂肪を元に戻す!体重を元に戻す!と意気込んだが、69歳の体は思うように動かない!朝ラン1時間半及び筋トレ(腰痛対策の体操がメイン)は継続的に行っているが、やはり以前より運動量が減った。筋肉量が低下したのが増やせない要因で、筋肉痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体脂肪が増加傾向にあるので、従来レベルに戻すために、運動と食事のバランスを見直したい。

 体脂肪の増加傾向の信号が出てから、そのうちに元に戻るだろうと安易に考えていたら、13%(タニタで測定)までに増加していた。体重体組成計を変えてから、体脂肪のデータが、オムロンでは23%、タニタでは13%と大きく異なるために、所詮計算値のデータと信用できないものと、毎日測定するが、管理指標にしていなかった。ところが、オムロンで、体脂肪が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活動量計に体重体組成計を活用して健康管理に役立てている。

 2017年の目標は、とにかく健康管理の基礎をしっかりと固めることにして、基礎体力を向上させる取り組みに重点を置いている。手始めに行ってきたのが、健康管理の日常記録”岩元体調管理データ”の見直しである。毎日の始まりは、朝の排便と体調を整えて、約2時間の朝ランである。寒い時期の防寒対策に夏場の水分補給など課題を多々こなしてきた。特に手先の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり屋外の朝ランは脂肪燃焼効果が大きい!体脂肪も従来の8%以下に復帰出来て、新たなチャレンジ中!

 10月に入り、秋雨前線も少しましになり、朝ランが出来るようになった。 また、9月の歩数競争も終えて、今は「朝ラン+家ラン+筋トレ」を行っている。 活動量1880kcalクリアを目安に、歩数で3万歩以上としている。筋トレは、活動量では出てこない。そこで、体重体組成計で体年齢の評価を40才から始まり、現在37~39才を推移中であり、どこま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常の健康管理は体重体組成計で行っているが、この夏場に大幅な体調の変化が生じて、指標の見直しも!?

 下痢問題から水分補給をこまめに行うようにして、また一時期は、水分保持を適正に戻すために、塩分補給も行いながら、体の水分量を上げる努力もした。 しかし、一向に改善の兆しがなく、下痢問題を起こす前に比べて、体重も2kg程減った。水分補給が適正かどうかは、小便の量と色で判断できる。量が多くて、透明感が高いほど水分補給はが出来ていると判断でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回新たにオムロンの体重体組成計を購入して、健康管理の道具も一新です。データの分析活用を充実させたい

 新たに体重体組成計を購入した。オムロンの「HBF-254C Karada Scan」という機種です。早速、測定して驚きです。なんと体脂肪率が20%です。タニタで今まで体脂肪率8%以下を維持すると取り組んできたことが、全く違う数値で本当かな!? と疑いながら、あれこれ確認するが、同じ結果です。 タニタとオムロンでは、計測の仕方が異なると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more